ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンプロデューサー「サバイバルホラーのバイオはCoDほど売れない」

ニュース 最新ニュース

『バイオハザード リベレーションズ』や『バイオハザード ザ・マセナリーズ 3D』、また『オペレーション・ラクーンシティ』のプロデューサーとして、近年のバイオハザード開発に携わっている川田 将央氏。同氏が海外のGamasutraによる独占インタビューにて、近年の『バイオハザード』の方向性サバイバルホラー市場についての意見を述べています。

川田氏は「特に北米市場において、シリーズにはアクション重視の方向性が最も必要だと思います、バイオハザードの初期作品には『バイオハザード4』や『バイオハザード5』で変化した拡張部分が必要です」とコメント。同市場では今後もこの方向性を成長させる必要があるとし、それが『リベレーションズ』をアクション重視にした理由であることも明らかにしました。また同氏は現在のサバイバルホラー市場についても言及。

「サバイバルホラーゲームのマーケティングデータを見ていくと……『Call of Duty』や全てのアクションゲームの売り上げと比べて、この市場は小さいです、“サバイバルホラーとしての『バイオハザード』”が同様の売り上げを達成出来るとは思えません」

サバイバルホラー市場が持つ規模の小ささを指摘した川田氏ですが、同インタビュー中では「だからといって『バイオハザード6』を完全に『Call of Duty』のようなアクション重視にする必要は無いと思います。まっすぐなシューターにすべきでは無い。ただ自分の感想としては『4』や『5』は正確にはシューターではありませんでした」とも発言。『リベレーションズ』や『ORC』の名を挙げつつ、市場を広げていくという視点において、ナンバリングタイトルで『バイオハザード』の本来の姿を維持することは出来るが、より規模を大きくしたり他の市場でヒットさせることも出来るとしました。

最後に川田氏は「品質に見合った売り上げのゲームをつくろうと思うなら、世界にアピールすることは必要。明白なことだと思いますが、しかし『Grand Theft Auto IV』や『Skyrim』、『Call of Duty: Modern Warfare』が日本でも売れているのは、ゲームプレイが面白いからです」とコメントしています。
(ソース: Gamasutra)


【関連記事】
Slant Six、『バイオハザード ORC』の酷評レビューについてコメント
Deathが敵を切り裂く!『Darksiders II』最新CGトレイラー
『バイオ ORC』のSlant Sixが新規IPとなる『Strata Scavenger』を発表
海外レビューひとまとめ『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』
『新・光神話 パルテナの鏡』や『バイオ ORC』の初海外レビューが掲載
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に決定

    『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に決定

  2. 『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

    『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

  3. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

    神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  4. 『アリス マッドネス』のSpicy Horse上海スタジオが閉鎖―アメリカン・マギーはヨット冒険に

  5. コンバットオンライン『War Thunder』国内向けサービス内容が公開―豪華声優もお披露目

  6. 期待大!『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』主人公レイを紹介する最新映像

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

  9. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

  10. 『P.T.』風一人称ホラー『Allison Road』開発中止に関する声明が発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top