“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア 『ゼノブレイド』

April 10, 2012(Tue) 14:14 / by Rio Tani




Joystiq: 10/10
頻繁に関わり合う魅力的なキャラクター陣、ユニークにデザインされ興味をそそる設定、JRPGとWRPGの良い所を組み合わせた先進的なゲームプレイシステム、そして本当にエピックに感じられる冒険の中での陽気な雰囲気。

Game Informer: 9.5/10
私はこれまで見たことのない世界を描いてくれるという理由で、16ビット時代のJRPGに恋に落ちた。それから15年もの間、大部分の日本のRPG開発者はその方向を見失い、同じようなファンタジーの焼き直しを続け、ノスタルジアに浸っていた。『ゼノブレイド』は今世代に私がプレイしたJRPGの中で、単に過去を思い出させて喜ばせてくれる代わりに、将来に期待を持たせてくれた最初の作品だ。本作を創り上げたモノリスソフトは称賛に値する。

IGN: 9/10
『ゼノブレイド』は今世代で最高のJRPGだ。グラフィックが一世代前のゲームに見えるのは唯一の欠点だが、その技術的な制約は、想像力に富んだアーティスティックな方向性、革新的で説得力のある戦闘、考え抜かれたデザインによって補われている。これはJRPG全盛期への回帰であり、ストーリーを伝える新たな手法が常にあることを示した。Wiiに壮大で深みのあるゲーム体験が欠けていると感じたことがあるなら、本作を買ってみるべきだ。

演出: 8.5/10
グラフィック: 7/10
サウンド: 8.5/10
ゲームプレイ: 9/10
持続性: 9/10

GameSpot: 9/10
総評: 『ゼノブレイド』はJRPGに磨きをかけて現代的にした崇高で素晴らしいテンポのゲーム。長所: 優れたテンポの感覚。戦闘はファンタスティックで深みがあり楽しい。ゲームの舞台は広大で美しい。興味深い目的がたっぷり詰まった大掛かりな作品。JRPGの伝統をリスペクトしつつ全体が近代化されている。短所: 次にどこへ行けばよいか頻繁に分からなくなる。

Destructoid: 8/10
ニンテンドーWiiを所持しているなら、疑問の余地はほとんどない。任天堂の微力なゲーム機にとって本作はMust-Haveのゲームである

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆



モノリスソフト開発のニンテンドーWii専用RPG『ゼノブレイド(Xenoblade Chronicles)』の海外レビューをご報告。本作は日本で2010年6月に発売済みで、海外ファンの熱心な嘆願運動の甲斐があり、実に2年近い時を経て先週ようやく北米版の発売が実現しました。

先に発売された日本版や欧州版でその評判は既にお墨付きですが、新たに到着した米国ゲームメディアのレビューも大部分は90点以上の評価で、現在は92点という高いメタスコアを維持。多くの批評家らが「現代で最高のJRPG作品」と称賛しているようです。(ソース: Metacritic)

UPDATE: IGNレビュー翻訳部分の「今世代で最高のRPGだ」は、「今世代で最高のJRPGだ」の誤りでした。訂正してお詫び致します。88さん、ご指摘ありがとうございます。


【関連記事】
任天堂、ファンが待ちわびた『ゼノブレイド』の米国リリースを発表
北米でも発売してくれ!『ゼノブレイド』がAmazonでベストセラーに
海外メーカーがJRPGのローカライズを目指すKickstarterを実施
『海外ゲーマーが選ぶ今世代のJRPG』TOP20
『ドラゴンクエストIX』は“JRPG”ではない―ディアブロ、オブリビオンから影響
BioWare開発者: 『ファイナルファンタジーXIII』はRPGではない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image