“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外で『ドラゴンボールZ for Kinect』が発表、開発はスパイク・チュンソフト

April 12, 2012(Thu) 09:08 / by Rio Tani

レーティング情報などから存在が噂されていたXbox 360のKinectタイトル『Dragon Ball Z for Kinect(ドラゴンボールZ for Kinect)』ですが、本日NAMCO BANDAI Games Americaが実施した海外イベントで正式発表が行われました。プレスリリースによると開発はスパイク・チュンソフトが担当、欧米で2012年10月に発売予定とのこと。その他以下のようなゲームディテールが判明しています。

■ かめはめ波をはじめとする100以上の必殺技

■ 必殺技は原作と同じようなポーズのモーション操作で繰り出す

■ 完全な新キャラも含む50以上のプレイアブルキャラクター

■ 欧米では未公開のアニメ映像を収録

■ 原作コミックで描かれた数々の名戦闘シーンを再現

■ 特別なQRコードを使って新たなキャラクターや技をアンロックできる機能

■ ストーリーモードとスコアアッタクモードを用意

(ソース&イメージ: Gematsu)

追記: 海外サイト情報によると、トレイラーやゲーム画面などは4月17日に解禁される模様です。


【関連記事】
韓国のレーティング機関に『DragonballZ KINECT』が登録
イギリスのレーティング機関にも『Dragon Ball Z for Kinect』が登録
バンダイナムコ、『ドラゴンボール アルティメットブラスト』を12月8日発売と発表
『Kinect Star Wars』がナンバー1!4月1日〜7日のUKチャート
海外レビューひとまとめ『Kinect Star Wars』
『Crimson Dragon』公式サイトがオープン!3種類のプレイアブルドラゴンが初披露
Crytek: Kinect対応タイトル『Ryse』の開発は順調
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image