ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『素晴らしいラスボス戦のテーマ曲』ベスト10

ゲーム文化 カルチャー

世界中で10万人以上の動員を記録した“Video Games Live”の成功や、『Civilization IV』の主題歌『Baba yetu』のグラミー賞受賞を始め、最早一つの音楽ジャンルとして定着しつつある、ゲームミュージックですが、海外サイトLeviathynにて、『素晴らしいラスボス戦のテーマ曲』と題した10曲がランキング形式で紹介されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


第10位 Gang-Plank Galleon (スーパードンキーコング)




第9位 デデデ大王のテーマ (星のカービィ)




第8位 クッパ3号 (スーパーマリオ64)




第7位 戦闘!チャンピオン (ポケットモンスター 金・銀)




第6位 革命のエチュード (キャサリン)




第5位 Other World (Final Fantasy X)




第4位  ガノンドロフ戦 (ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス)




第3位  ベガのテーマ (ストリートファイターII)




第2位  大王星の決戦 (スーパーマリオギャラクシー)




第1位  片翼の天使 (Final Fantasy VII)




◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


10位の『スーパードンキーコング』を除く全てのタイトルが国内タイトルという結果となりました。掲載元のLeviathynでは、スタッフによる個人的なランキングである。と前置きはされておりますが、2作がランクインする『FinalFantasy』シリーズを始め、日本のBGMは海外でも非常に評価が高いようです。

また、同サイトでは、今週月曜日から一週間に渡り、『フィールド、ステージセレクト曲』、『オープニング曲』、『最も印象的な曲』をお題に様々なランキング記事が連載されており、明日は『エンディングクレジットの曲』がテーマになるとの事です。興味のある方はこちらも是非チェックしておきましょう。

個人的には、『リンダキューブ』のラスボス戦が強烈なインパクトでしたが、コメント欄にて皆さんのお気に入りの一曲も是非お聞かせください。(ソース: Leviathyn)


【関連記事】海外サイトが選ぶ『ローカライズが必要な日本のゲーム』
海外サイトが選ぶ『ビデオゲームにおけるショッキングな驚きとシークレット要素』TOP20
海外サイトが選ぶ『最も奇妙なゲームヒーロー』TOP10
噂: カプコンが『ヴァンパイア』シリーズ最新作を開発中
海外サイトが選ぶ『最もグロテスクな表現が含まれているゲーム』TOP25
《FURUKAWA》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

    海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

  2. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

    ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  3. 映画「ワールド・ウォーZ」原作者が描く、『マインクラフト』公式ノベライズ発表!

    映画「ワールド・ウォーZ」原作者が描く、『マインクラフト』公式ノベライズ発表!

  4. ホントに変形できそう…『オーバーウォッチ』バスティオン渾身コスプレ

  5. あの『バーチャファイターRPG』も!多数の未発売ゲーム情報書籍が海外で

  6. 『BIT.TRIP RUNNER』シリーズ最新作『Runner3』発表!予告映像にはおなじみのアイツも

  7. 火災監視員の物語を紡ぐミステリADV『Firewatch』映画化が決定

  8. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  9. 高評価海洋ADV『Sunless Sea』の続編『Sunless Skies』発表!―今度の舞台は宇宙?

  10. バンカズ後継作『Yooka-Laylee』に『Shovel Knight』がゲスト参戦!最新トレイラーも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top