ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『最高のゲームボーイタイトル』

ゲーム文化 カルチャー

『ポケモン』や『サガ』シリーズ等、今尚続く数々のロングヒットタイトルを生み出した、誰もが知る任天堂の携帯ハードゲームボーイですが、海外サイトGamesRaderにて、歴代ゲームボーイ作品の中から『最高のゲームボーイタイトル』と題して様々な名作がピックアップされているのでご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ピンボール 66匹のワニ大行進



ドクターマリオ



R-TYPE DX



マリオのピクロス



カービィのブロックボール



レッドアリーマー 魔界村外伝



Bionic Commando: Elite Forces



ドラキュラ伝説II



スーパーマリオブラザーズ DX



ワリオランド 3



ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説



メトロイド 2



ゼルダの伝説 大地の章・時空の章



スーパーマリオランド2 6つの金貨



マリオテニスGB



Shantae



ドラゴンクエスト III



メタルギアソリッド ゴーストバベル



星のカービィ 2



ドンキーコング



ゼルダの伝説 夢をみる島



テトリス




◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

この他には、『ポケモン』シリーズは勿論の事、『ロックマンワールド』や『サバイバルキッズ』等、懐かしの名作も挙げられていました。ゲームボーイというハードらしく、『マリオ』や『ゼルダ』、『カービィ』等の任天堂作品がやはり人気を博していた事が伺えます。皆さんの知る更なる名作もコメント欄にて教えてください。(ソース&イメージ: GamesRader)


※UPDATE (2012/4/18 17:36):記事中の画像が一部誤っていた為修正しました。6さん、コメント欄にてご指摘ありがとうございました。

【関連記事】
海外サイトが選ぶ『素晴らしいラスボス戦のテーマ曲』ベスト10
海外サイトが選ぶ『ローカライズが必要な日本のゲーム』
海外サイトが選ぶ『ビデオゲームにおけるショッキングな驚きとシークレット要素』TOP20
海外サイトが選ぶ『最も奇妙なゲームヒーロー』TOP10
海外サイトが選ぶ『最もグロテスクな表現が含まれているゲーム』TOP25
《FURUKAWA》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  7. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  8. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  9. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  10. ライトニングは実在した…?あまりにも本気すぎる『FF13』コスプレ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top