“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Diablo III』のオンラインリージョンやRMオークションの詳細が発表

May 02, 2012(Wed) 09:37 / by riot_兄


Blizzardは、5月15日に発売の迫る『Diablo III』のオンラインリージョン仕様やオークションハウスの追加ディテールを発表しました。

今作ではBattle.netの“Global Play”と呼ばれる新機能を採用、プレイヤーは以下3つに分けられたリージョンから好きなサーバーを選択することができるそうです。

The Americas - 米国、カナダ、中南米、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア

Europe - ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、中東各国

Asia - 韓国、台湾、香港、マカオ

日本は初期設定でThe Americasがホームリージョンになるそうですが、インゲームメニューでリージョンは自由に変更可能とのこと。但し、キャラクター・アイテム・フレンドリストは同一リージョン内でしか共有されないため、あらかじめフレンドと同じリージョンを選んでおく必要がありそうです。

また、ゲーム内のリアルマネーオークションシステムも上記3つのリージョンで区分され、ホームリージョン以外ではリアルマネー取引は利用できない仕様。Asiaリージョンではローンチ時にリアルマネーオークションが導入されないことも明らかになっています。

Blizzardの公式サイトではオークションハウスの利用方法がStep by Stepで紹介されているので気になる方は確認しておきましょう。

尚、『Diablo III』の新規プレイヤーには、Battle.netアカウントのセキュリティー対策として、スマートフォンなどにインストールできる『WoW』プレイヤーにはおなじみのツールBattle.net Authenticatorの導入が推奨されます。(ソース: Diablo III, Diablo III(2))

※UPDATE: Battle.netサポートページのリージョン一覧によると日本はThe Americasリージョンがホーム設定になるようです。このためThe Americasであればリアルマネーオークションを利用できることになります。


【関連記事】
美しき魔法の使い手…『Diablo III』のWizardクラス紹介トレイラー
約半月後に発売迫る『Diablo III』の最新テレビスポット
『Diablo III』オープンβテストの同時接続数が30万超を記録
『Diablo III』の新クラス“Witch Doctor”を紹介した最新トレイラー
発売へ準備完了!『Diablo III』のベータテストが5月1日に終了へ
『Diablo III』の発売日が5月15日に決定!デジタル版のプリロードも開始
『Diablo III』が韓国でようやく審査通過、RMTオークションは非搭載に?
『Diablo III』の最新シネマティックトレイラーや豪華限定版が公開
『Diablo III』にリアルマネーオークションシステムが搭載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

コメントをすべて読む(全 0 件

no image