ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Diablo III』のオンラインリージョンやRMオークションの詳細が発表

PC Windows


Blizzardは、5月15日に発売の迫る『Diablo III』のオンラインリージョン仕様やオークションハウスの追加ディテールを発表しました。

今作ではBattle.netの“Global Play”と呼ばれる新機能を採用、プレイヤーは以下3つに分けられたリージョンから好きなサーバーを選択することができるそうです。

The Americas - 米国、カナダ、中南米、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア

Europe - ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシア、アフリカ、中東各国

Asia - 韓国、台湾、香港、マカオ

日本は初期設定でThe Americasがホームリージョンになるそうですが、インゲームメニューでリージョンは自由に変更可能とのこと。但し、キャラクター・アイテム・フレンドリストは同一リージョン内でしか共有されないため、あらかじめフレンドと同じリージョンを選んでおく必要がありそうです。

また、ゲーム内のリアルマネーオークションシステムも上記3つのリージョンで区分され、ホームリージョン以外ではリアルマネー取引は利用できない仕様。Asiaリージョンではローンチ時にリアルマネーオークションが導入されないことも明らかになっています。

Blizzardの公式サイトではオークションハウスの利用方法がStep by Stepで紹介されているので気になる方は確認しておきましょう。

尚、『Diablo III』の新規プレイヤーには、Battle.netアカウントのセキュリティー対策として、スマートフォンなどにインストールできる『WoW』プレイヤーにはおなじみのツールBattle.net Authenticatorの導入が推奨されます。(ソース: Diablo III, Diablo III(2))

※UPDATE: Battle.netサポートページのリージョン一覧によると日本はThe Americasリージョンがホーム設定になるようです。このためThe Americasであればリアルマネーオークションを利用できることになります。


【関連記事】
美しき魔法の使い手…『Diablo III』のWizardクラス紹介トレイラー
約半月後に発売迫る『Diablo III』の最新テレビスポット
『Diablo III』オープンβテストの同時接続数が30万超を記録
『Diablo III』の新クラス“Witch Doctor”を紹介した最新トレイラー
発売へ準備完了!『Diablo III』のベータテストが5月1日に終了へ
『Diablo III』の発売日が5月15日に決定!デジタル版のプリロードも開始
『Diablo III』が韓国でようやく審査通過、RMTオークションは非搭載に?
『Diablo III』の最新シネマティックトレイラーや豪華限定版が公開
『Diablo III』にリアルマネーオークションシステムが搭載
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. SteamゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

    SteamゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

  2. 協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

    協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

  3. 『Watch Dogs 2』は

    『Watch Dogs 2』は"寄り道"も豊富!海外向けゲームプレイ映像

  4. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  5. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  6. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  7. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

  8. 海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

  9. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  10. いよいよSteamに降臨する『Quantum Break』怒涛の新トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top