ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新モード“Strike Force”など『Call of Duty: Black Ops 2』の様々な詳細が明らかに

PC Windows


遂に情報が解禁となりファーストトレイラーも公開された『Call of Duty: Black Ops 2』ですが、デベロッパーのTreyarchを訪れデモを体験したという海外サイトKotakuが本作の様々な要素を紹介しています。本記事では幾つかのスクリーンショットも合わせてご紹介。

■ ストーリー
* ゲームもストーリーは2つのタイムラインで進行し、大部分が2025年がに設定される。

* 『Call of Duty:Black Ops』の直接的な続編。

* プレイヤーは『Black Ops』の終了後に何が起こったのかを明確に知る。

* もう一つのタイムラインは冷戦終結間際の80年代後半に設定。

* 年老いたFrank Woods(『Black Ops』に登場したキャラクター)によってストーリーが語られる。

* 80年代のパートではプレイヤーは再びAlex Mason(『Black Ops』主人公)の役割を担う。

* 2025年のパートではプレイヤーはAlex Masonの息子であるDavid Masonの役割を担う。そして父と息子の関係はストーリーの一部となる。

* ゲームでは技術装置及び軍事兵器の製造に使用されるレアアースの不足によって米国と中国との間に起きた第2の冷戦が描かれる。実際に中国はレアアースの95%をコントロールしており(Treyarch調べ)、ストーリーは現実世界で起こりうる事をベースにしている。

* 現実世界との繋がりはP.W. Singer氏の著書“Wired for War: The Robotics Revolution and Conflict in the 21st Century”にインスパイアされている。

* 1980年代での多くの活動は中米における代理戦争中で行われる。

* プレイヤーは“想像上”のViktor Reznovに関する多くの情報を得るかもしれない。

* David Masonのコールサインは“Section”。

* 悪役の名前はRaul Martinez。彼は2025年に米国と中国が所有するドローン及びその他のロボット兵器をハッキング。両国が対立するように仕向ける。

* 1980年代のミッションではMartinezの計画がどのように作り上げられたかが描かれる。

* ストーリーは映画『ダークナイト』『バットマン ビギンズ』の脚本を手がけたDavid S. Goyer氏によって書かれている。Goyer氏は「記憶に残る悪役を作りたかった」と語っている。

* Martinezは米国のドローンをハッキングし、ロサンゼルスに攻撃を行った。Kotakuが確認したミッションではドローンの一群がダウンタウンの建物を破壊していた。

* ゲームには少なくとも1人の女性キャラクターが登場(名前はAnderson)。

* 2025年の米国大統領は女性で、“Attack on LA”ミッションに登場。

* David Masonの相棒はNelsonという名前で、海外ドラマ『The Walking Dead』で知られるMichael Rooker氏が声優を担当している模様。

* ゲームは役者の演技を取り込むためにフルボディーパフォーマンスキャプチャを使用。Frank Woodsは再びJames C. Burns氏が演じる。



■ ゲームプレイ
* ドローンはゲームの大部分で戦闘時に制御可能となる。プレイヤーキャラクターは手首にドローンコントローラーを装備しており、ターゲットやウェイポイントの設定に使用する事ができる。

* 1980年代のパートでは馬及び乗馬シーケンスが登場。馬の動きもモーションキャプチャで取り込んでいる。

* デモのあるポイントではプレイヤーが未来的な高射砲に飛び乗り、敵のドローンを撃墜した。

* 本作でも車両セグメントが登場し、未来的なVTOL機などが操縦可能。VTOL機のミッションはほぼオンレールだったが、ドローンによる自由飛行が可能な空中戦も登場。

* 『Black Ops 2』ではストーリーが分岐し、選択及び変化する結果を特色としている。

* あるポイントではスナイパーライフルで仲間を援護するか、仲間とともにラペリングするかを選択できた。これはゲームで行える選択の中でも小さなもので、その選択はわずかに異なるゲームプレイを提供する。

* 分岐の大部分は“Strike Force”という新たなゲームモードによって示される。このモードはサンドボックススタイルのレベルで戦術的に無制限のゲームプレイを特色とする。


■ 新モード“Strike Force”
* Strike Forceミッションは中核のシングルプレイヤーキャンペーンに組み込まれており、地球上で行える様々な極秘任務として現れる。

* プレイヤーは1回のプレイスルーで全てのStrike Forceミッションをプレイすることができない。

* Strike Forceはキャンペーンに含まれており、個別のモードではない。本モードは当初、ゾンビモードのようなアンロック要素として開発がスタートした。またマルチプレイヤーには対応していないが、Activisionは対応の可能性を捨てていない。

* Strike Forceミッションの結果によってストーリーが変わる。ミッションはストーリーのための枝。3つのミッションがあったとして、戻って全てをプレイする事はできない。ストーリーは進み続け、Strike Forceミッション中に死んだ場合、そのキャラクターはストーリーの中で死んだ事になる。

* そのためプレイアブルキャラクターはStrike Forceミッションには登場しないと思われる。

* Strike Forceでは分隊を指揮する事が可能。ショルダーボタンによるフォロー/ホールドコマンド。

* Strike Forceではユニットが異なる方法で目標を達成するため、ドローンによってズームアウトしたコマンドビューを見る事が可能。

* Strike Forceではプレイヤーが武装・非武装のドローン(空中用及び地上用)を操作できる他、チーム内のどの兵士の視点にもジャンプする事ができる。

* Strike Forceミッションは有機的に展開するが、物語に影響する。『Mass Effect 3』のマルチプレイヤーのシングルプレイヤー版のように機能する。

* 確かではないが、Strike Forceのメンバーの1人はKeifer Sutherland氏が声優を担当しているように思う。



■ マルチプレイヤー
* マルチプレイヤーは2025年にセットされ、80年代のマルチプレイヤーミッションはない。

* eスポーツのコミュニティを真剣に受け止めており、観客としてもゲームを楽しめる事に焦点を当てている。

* ライティングの改良や技術は素晴らしく見えた。コンソールでもPCクオリティのグラフィックスを60FPSで動作させることを目指している。

* 確認できたマルチプレイヤーマップの1つはイエメンにある博物館。

* もう1つ確認できたのが“Aftermath”と呼ばれる、ドローンの攻撃で破壊されたロサンゼルスのダウンタウン。


■ ゾンビモード
* 『Black Ops 2』ではゾンビモードも登場。これまで以上に肉付けされた新しいモードを特色とする。

* より多くのゾンビ、より多くのモード。本当に多くのもの。

* ゾンビモードは現在確認されている『Black Ops 2』唯一のCo-op要素。キャンペーン及びStrike ForceモードはCo-opを特色とするようには見えない。



今後はより詳細な情報が続々と出てくる事でしょう。『Call of Duty: Black Ops 2』はPC/Xbox 360/PS3で2012年11月13日に発売予定です。
(ソース&イメージ: Kotaku)


【関連記事】
ゾンビモードを搭載!『CoD: Black Ops 2』のファーストディテール
『Call of Duty: Black Ops 2』のファーストトレイラーが正式披露!
『CoD: Black Ops 2』の公式サイトがオープン、舞台は近未来に!【UPDATE】
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

    PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

  2. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  3. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  4. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  5. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  6. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  7. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  8. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  9. 『War Thunder』最新アプデ1.63「砂漠のハンター」配信!20以上の車輌が追加

  10. PC版『マインクラフト』新Snapshot配信、新たな動物やブロック収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top