“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビュー速報『Dragon's Dogma』

May 14, 2012(Mon) 08:50 / by ishigenn

国内では5月24日、海外では北米で22日、欧州で25日に発売予定となっている『Dragons's Dogma』。早くも本作のレビューが海外の各メディアにて公開されています。

Pelit: 9.2/10
Game Informer: 8.5/10
LEVEL: 8/10
Official Xbox Magazine: 6/10
Play UK: 4.8/10

ご覧のように海外の大手情報メディアGame Informerでは8.5/10を獲得したほか、フィンランドのPelitでは9.2/10、チェコのLEVELでは8/10を記録。3サイトではストーリーやカットシーン、オープンワールド的な要素にはイマイチな評価も挙がったものの、共通して“戦闘パート”や“コンパニオン(ポーンシステム)”が高評価を受けている模様です。

一方でOfficial Xbox Magazineではミックススコアとなる6/10、Play UKではネガティブスコアとなる4.8/10と厳しい評価。OXMは「メインキャラクターの感情が空っぽであるように、このRPGは最終的には虚しく感じる、本物の魂が無い」と厳しく批評しています。

スコアのバラつきが気になる『Dragon's Dogma』の海外での評判。後日Game*Sparkでは更なる海外レビューやその内容をお届けする予定です。
(ソース: Metacritic)


【関連記事】
カプコン: 『Dragon's Dogma』をPCやWii Uで発売する予定は今のところなし
『Dragon's Dogma』の新要素“Ur-Dragon”の詳細が発表、第3弾メイキング映像も
ポーンに焦点を当てた『Dragon’s Dogma』デベロッパーダイアリー第2弾
ボス戦をとらえた『Dragon's Dogma』の最新ゲームプレイ4連発
『Dragon's Dogma』デベロッパーダイアリー第1弾が公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image