ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リブートFPS『Syndicate』の売り上げは全世界で僅か約15万本、開発CEOが明らかに

PC Windows

今年2月にローンチされMetacriticではポジティブレビューも獲得したFPSタイトル『Syndicate』ですが、同作の世界売り上げが僅か約15万本となっていたことが海外サイトEdgeのインタビュー記事にて明らかにされました。

インタビューに登場した開発StarbreezeのCEOであるMikael Nermark氏は、新『Syndicate』を製作する上で、オリジナルに例え忠実であってもそうでなくても批判するような“声の大きな集団”が居ることはわかっていたと発言。それでも自身のチームが作り上げたものには誇りを持っていると述べ、特に同作のCo-opモードに関しては、我々がゲームでやりたい事とStarbreezeのDNAを表していると自負しました。

一方で同作の売り上げがおおよそ15万本に留まったと事に対しNermark氏は、トリプルA級タイトルの開発チームと比べるとStarbreezeはとても小さな規模の開発スタジオだと説明。正確な数値は言えないものの、自社パブリッシングを行なっている巨大スタジオと比べれば間違いなく製作費は大幅に抑えられていたとコメントしています。

先日にはEA LabelsのFrank Gibeau氏が海外サイトCVGに対し、「『Syndicate』で我々はリスクを背負った。収益を上げられず、上手くいかなかった」とのコメントを残していました。
(ソース: Edge , CVG)

【関連記事】
今後も過去作のリバイバルは続けていく―EA
『Syndicate』開発元Starbreezeの次回作はF2Pタイトル『Cold Mercury』
海外レビューハイスコア『Syndicate』
冒頭10分間を収録した新作FPS『Syndicate』のゲームプレイ映像が公開
今週発売の新作ゲーム『アスラズ ラース』『ナルティメットストームジェネレーション』『Syndicate』他
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  2. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

    90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  3. 『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

    『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

  4. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  5. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  6. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  7. 『シヴィライゼーション VI』が電撃発表! 日本語版情報やトレイラーも

  8. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』クローズドベータ始動!狩りが始まる…

  9. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  10. リマスター版『スカイリム』無料アップグレードにCS版が無い理由は?

アクセスランキングをもっと見る

page top