“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

映画版『God of War』脚本は『Saw』のコンビ作家が担当へ―海外報道

July 11, 2012(Wed) 14:04 / by ishigenn

8年前にその名が出てから様々な噂や情報が飛び交っている映画版『God of War』ですが、同作の脚本を『Saw』シリーズを執筆しているPatrick Melton氏とMarcus Dunstan氏のコンビが担当するという情報が海外サイトThe Hollywood Reporterにて報じられています。

同サイトによれば、本来脚本家として参加予定だったDavid Self氏はエクゼクティブプロデューサーとして同作に残る予定で、映画『Dark Knight Rises』のCharles Roven氏とAlex Garther氏がプロデューサーの役を担うとのこと。ただし現在Melton氏とDunstan氏は『Piranha 3DD』を終え、2013年に公開予定の映画『Pacific Rim』の製作に参加中で、映画版『God of War』が映画館に登場する日はもう暫く先になりそうです。
(ソース: Hollywood Reporter)

【関連記事】
CBSフィルムが『Deus Ex』の映画化権利を取得
Ubisoftが同名映画のゲーム化作品『The Expendables 2』を正式発表
DreamWorksが映画版『Need for Speed』の権利を取得、2014年公開へ
Ubisoftが取得した『Watch Dogs』の映画関連と思わしきドメインが発見される
噂: 『Splinter Cell』の映画化プロジェクトが進行中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image