ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DayZ』にインスパイアされたゾンビサバイバルMMO『The War Z』が発表

PC Windows


デベロッパーのHammerpoint Interactiveは本日、PC向け新作サバイバルゾンビシューター『The War Z』を発表しました。

本作は200〜400平方kmで構成されるオープンワールドの世界を舞台にゾンビや他のプレイヤーを相手にしたサバイバルが繰り広げられるとの事で、『Arma II』の大型ゾンビMOD“DayZ”に強くインスパイアされていることが伺えます。発表と共に公開されたディテールは以下の通り。

■ 200〜400平方kmで構成される巨大なオープンワールド

■ ノーマルモードの他、ハードコアモードも存在

■ 視点は一人称、三人称と切り替えが可能

■ ゾンビの他、他のプレイヤーへの攻撃も可能

■ ロールプレイング要素が存在

■ 複数のキャラクターをカスタマイズ可能

■ ユニークなソーシャル要素や、賞金首システム、救助要請、トラップの設置等が用意

■ 安全な住居地が存在し、プレイヤー同士の取引も可能

■ 多くのスキルを覚えたり、成長させる事が出来る

■ サーバー毎に250人のプレイヤーが接続可能

■ 武器や装備品はワールドを探索して入手

■ デベロッパーが定期的に全てのサポートを行う、コンテンツアップデートは無料

■ 専用パブリックサーバーの他、プライベートサーバーを立てることも可能

■ 費用はパッケージ料金のみ







発売は2012年秋が予定され、価格は30ドルとなるようです。また公式サイトでは早速、今夏開始予定となるクローズドβテストの受付が開始されているので、気になる方はチェックしておきましょう。(ソース&イメージ: PC Gamer)

※UPDATE: 記事タイトルと文中の誤字を訂正しました。コメントでのご指摘に感謝します。

【関連記事】『ARMA II』のゾンビMOD“DayZ”のプレイヤー数が遂に50万人突破!
Dean Hall氏が『DayZ』の単体リリース予定について言及、9月までのリリースを目標に
『ArmA 2』“DayZ”のプレイヤー数が42万人に到達、来週にもハーフミリオン達成へ
『DayZ』Mod作者が『ARMA III』への対応や今後のアップデート計画を説明
『DayZ』を彷彿とさせるゾンビサバイバルRPG『Dead State』のKickStarter企画が開始
《FURUKAWA》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  2. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

    『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  3. 欧州でPC版「PlayStation Now」始動、『風ノ旅ビト』『ラスアス』など名作揃い

    欧州でPC版「PlayStation Now」始動、『風ノ旅ビト』『ラスアス』など名作揃い

  4. VR対応のワイプアウト風レーシング『Redout』Steamで9月3日配信

  5. 『シヴィライゼーション VI』数量限定の「25周年エディション」海外発表

  6. 新作スリラーFPS『Get Even』ゲームプレイ!大人向けな重厚ストーリーが紡がれる

  7. 『Overwatch』海外公式フォーラムでミステリアスな投稿―「Sombra」の新たなヒントか

  8. 『LoL』不人気チャンピオン“ヨリック”に大規模アップデート、ダークな死霊術師に

  9. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  10. 『Overwatch』新マップ「Eichenwalde」に『DARK SOULS』のアレが……!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top