ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Steamの利用規約が更新、集団訴訟への参加権を放棄する項目が新たに追加

August 01, 2012(Wed) 14:42 / by ishigenn

昨年もPSNの個人情報流出問題や『Battlefild 3』の『BF1943』未収録事件などで発生したように、ゲーム業界でもニュースとして度々見かける“集団訴訟”ですが、ValveがSteamの利用規約を更新し、新たにこの集団訴訟を防ぐ項目を追加しました。

集団訴訟に関する項目はSteam利用規約の第12条「紛争解決/拘束力のある仲裁/集団訴訟への参加権の放棄」で、ユーザーは一切の集団訴訟や代表訴訟へ参加しないことについて同意するなどの条文を含んだもの。追加された利用規約への同意は国内アカウントでも必要となっており、Steamを起動するとその旨が知らされるようになっています。

Valveはこの抑止策の追加に関し、集団訴訟は殆ど多くのケースでユーザーへの利益は発生せず、裁判の遅延や不必要な出費によって弁護士が得をするような形になると説明。集団訴訟はValveにとってもコミュニティにとっても利益のない行為だとコメントしています。一方で海外サイトKotakuでは、Steamで重大な問題が発生した際に、真にユーザーにとって利益となるような集団訴訟が行えなくなる問題点が指摘されています。

集団訴訟を防ぐ条文を追加する今回と同様の動きは、昨年のソニーのPSNやMicrosoftのXbox LIVEの規約変更でも見られ、国内外で大きな話題となっていました。
(ソース: Steam News)

【関連記事】
集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
Take-Two、『GTA: SA』のホットコーヒー問題に2000万ドルの和解金で決着
『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image