“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

スクウェア・エニックス第1四半期決算−家庭用ゲーム売上低調などで経常赤字20億

August 07, 2012(Tue) 19:03 / by インサイド

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成25年3月期第1四半期の連結決算を発表しました。

発表によると、売上高は249億1400万円(前年同期比1.6%増)、営業損失は11億6300百万円(前年同期は営業利益21億7800万円)、経常損失は20億4900万円(前年同期は経常利益14億8700万円)、四半期純損失は20億7700万円(前年同期は四半期純利益6億9000万円)の赤字決算となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、ニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』の販売が好調でしたが、その他の家庭用ソフト販売は低調に推移しました。

一方、PC・スマートフォン等をプラットフォームとしたコンテンツについては、ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』、Mobage向けソーシャルゲーム『ファイナルファンタジー ブリゲイド』等が順調に推移しているということです。

事業単体の売上高は113億3600万円(前年同期比3.9%減)となり、営業損失は1億1100万円(前年同期は営業利益2,834百万円)となりました。 (ソース: IR情報 : スクウェア・エニックス・ホールディングス)

【関連記事】
スクエニ、新プラットフォーム“Ouya”向けに『ファイナルファンタジーIII』を提供
スクエニがGamescom 2012の出展ラインナップを発表 『FF XIV』、『トゥームレイダー』他
スクエニ、『新生 ファイナルファンタジーXIV』の新名称を発表! 予告編第一弾も公開
スクエニ: 次世代機がLuminous Studioに対応するには膨大なRAMが必要
スクエニ、海外サイトの『ヴェルサスXIII』開発中止の噂を否定
スクエニ、iam8bitと共同で『Quantum Conundrum』をベースにした実写クイズ番組を制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image