ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Borderlands 2』は前作から約50%のボリュームアップ、さらに濃密なコンテンツを収録

PC Windows

北米発売日の9月18日まであと1ヶ月と少しに迫った『Borderlands 2』。欧州のゲーム情報誌GameMasterに掲載されたGearboxヴァイスプレジデントSteve Gibson氏へのインタビューにて、前作と今作の興味深い比較が行われていますのでご紹介いたします。

Gibson氏はGM誌に対し、『Borderlands 2』はオリジナル版から50-60%のボリュームアップを果たしたものの、それだけでは今作に対し驚きはしなかったとコメント。同氏は最新作では量だけでなくコンテンツの濃密さも強化されているとし、例としてゲームの舞台Sanctuaryの一部Heckは、初代には存在しなかったような街となっていることを明らかにしました。

また同氏は、かなりの開発初期段階の決定で前作のプレイヤーを想定せずにデザインとストーリー両方の製作を進めてきたことも明らかに。前作をプレイしているかどうかの違いはアンロックアイテム程度の可愛いものだとも述べ、『Borderlands 2』からプレイを始めることに何ら問題が無いことを強調しています。

国内では日本語吹き替えと英語音声を収録した『Borderlands 2』がPS3/Xbox 360向けに10月25日リリース予定です。
(ソース: CVG)

【関連記事】
日本版『Borderlands 2』予約特典が発表!製品版では日英両方の音声を収録へ
『Borderlands 2』は販売地域による表現規制はなし
PCデジタル版『Borderlands 2』が予約開始!Steam版には日本語ローカライズ表記
『Borderlands 2』がTake-Twoにおける最も予約されたゲームの歴代3位を記録
『Borderlands 2』のディスクコンテンツが開発完了!プレイ時間は“1周”で58時間に
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  2. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  5. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  6. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  9. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  10. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top