ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

フロム宮崎氏の『Dark Souls』難易度発言をバンダイナムコが訂正

September 08, 2012(Sat) 16:02 / by Rio Tani

英紙Metro/GameCentralによるフロム・ソフトウェアディレクター宮崎英高氏へのインタビューで、『Dark Souls』に「誰でもクリアできるような別の難易度」を検討しているような趣旨の発言があったニュースを先日お伝えしましたが、この発言が誤訳だったことが明らかになりました。

これは海外で『Dark Souls』のパブリッシャーを担当するバンダイナムコゲームスが、同紙の記事内容に翻訳の誤りがあるとして指摘したもので、宮崎氏の実際の真意を含む発言は以下のような内容だったとのこと。

“Dark Soulsがかなり難しいのは本当で、いくらかの人々がプレイを躊躇するかもしれない。この事実は自分にとって大変残念であり、どうしたら現状の難易度を維持したまま皆がゲームをクリアできるようになるか、またその裏にあるメッセージを全てのゲーマーに注意深く伝えられるか、考えているところ”

当初インタビューが掲載された際は、海外サイトで宮崎氏の発言が広く取り上げられ、ファンの間で「イージーモードが追加される」などと話題になっていたため、そのような計画はないと早々訂正された模様です。(ソース: Metro.co.uk: Miyazaki backtracks over Dark Souls difficultly level via Eurogamer)

【関連記事】
海外レビューハイスコア『Dark Souls: Prepare to Die Edition』
フロム宮崎氏が『Dark Souls』の“誰でもクリアできる別の難易度”に言及
PC版『Dark Souls』の解像度Modがアップデート、比較動画や新ショットも
フロム・ソフトウェア、『DARK SOULS』拡張版のQ&Aを公開
PC版『Dark Souls』の技術仕様でファンや関係者の議論が過熱
初代『Demon's Souls』の北米サーバーが5月31日に閉鎖、オンサービスが終了へ
海外レビューハイスコア 『Dark Souls』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image