一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も

PC Windows

2011年2月に配信が開始されたインディーズデベロッパーFrictional Gamesの『Amnesia: The Dark Descent』が140万本セールスを記録しました。Frictional Gamesが自身のブログにて明らかにしました。

ブログへのポストによれば、昨年9月時点では約39万本の売り上げに留まっていたものの、同年のPotato Bundleにて36万本、さらに今年初頭に行われたHumble Indie Bundleにて71万本ものセールスを記録したとのこと。またディスカウントを除いたフルプライスでのセールスも順調なようで、現在は月毎に1万本以上を売り上げているそうです(これは5分毎に1本の『Amnesia』が売れている計算)。

『Amnesia: The Dark Descent』は、プレイヤーが記憶を失った男性キャラクターDanielとなり、失われた記憶と真相を求めクリーチャーが彷徨う不気味な洋館を探索するという一人称視点のホラーアクションタイトル。ハイクオリティな恐怖演出や深みのあるクトゥルフ神話ベースの物語などが受け、Metacriticでは平均スコア8.5/10と高評価を獲得しています。

またFrictional Gamesは既に発表済みの精神的な続編『Amnesia: A Machine for Pigs』とは異なる、新たなスーパーシークレットプロジェクトが進行中であることも明らかにしています。同作の詳細は不明ながら、ゲームジャンルは同スタジオお得意の一人称視点ホラーモノとなっており、2014年のリリースが予定されているとのこと。『A Machine for Pigs』とあわせて続報に期待しておきましょう。
(ソース: Frictional Games)

【関連記事】
『Amnesia: A Machine for Pigs』の発売時期が2013年に延期へ
闇から聞こえる豚の鳴き声『Amnesia: A Machine for Pigs』初ティザートレイラーが公開
Frictional: 『Amnesia: A Machine for Pigs』ではより熟成された経験を味わえるだろう
豚を殺すための世界…ホラー続編『Amnesia: A Machine for Pig』が正式発表
ホラーADV『Amnesia』続編は中国が舞台?Frictionalが謎のWebサイトを掲載
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

    PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

  2. 新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

    新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

  3. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  4. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  5. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  6. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  7. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  9. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top