ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も

PC Windows

2011年2月に配信が開始されたインディーズデベロッパーFrictional Gamesの『Amnesia: The Dark Descent』が140万本セールスを記録しました。Frictional Gamesが自身のブログにて明らかにしました。

ブログへのポストによれば、昨年9月時点では約39万本の売り上げに留まっていたものの、同年のPotato Bundleにて36万本、さらに今年初頭に行われたHumble Indie Bundleにて71万本ものセールスを記録したとのこと。またディスカウントを除いたフルプライスでのセールスも順調なようで、現在は月毎に1万本以上を売り上げているそうです(これは5分毎に1本の『Amnesia』が売れている計算)。

『Amnesia: The Dark Descent』は、プレイヤーが記憶を失った男性キャラクターDanielとなり、失われた記憶と真相を求めクリーチャーが彷徨う不気味な洋館を探索するという一人称視点のホラーアクションタイトル。ハイクオリティな恐怖演出や深みのあるクトゥルフ神話ベースの物語などが受け、Metacriticでは平均スコア8.5/10と高評価を獲得しています。

またFrictional Gamesは既に発表済みの精神的な続編『Amnesia: A Machine for Pigs』とは異なる、新たなスーパーシークレットプロジェクトが進行中であることも明らかにしています。同作の詳細は不明ながら、ゲームジャンルは同スタジオお得意の一人称視点ホラーモノとなっており、2014年のリリースが予定されているとのこと。『A Machine for Pigs』とあわせて続報に期待しておきましょう。
(ソース: Frictional Games)

【関連記事】
『Amnesia: A Machine for Pigs』の発売時期が2013年に延期へ
闇から聞こえる豚の鳴き声『Amnesia: A Machine for Pigs』初ティザートレイラーが公開
Frictional: 『Amnesia: A Machine for Pigs』ではより熟成された経験を味わえるだろう
豚を殺すための世界…ホラー続編『Amnesia: A Machine for Pig』が正式発表
ホラーADV『Amnesia』続編は中国が舞台?Frictionalが謎のWebサイトを掲載
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  2. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  5. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  6. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  7. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  8. 『Fallout 4』新DLC「Nuka-World」の新要素をライブ配信予定!

  9. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  10. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top