一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一人称視点ホラー『Amnesia: The Dark Descent』が100万本セールスを突破、新たな新作の情報も

PC Windows

2011年2月に配信が開始されたインディーズデベロッパーFrictional Gamesの『Amnesia: The Dark Descent』が140万本セールスを記録しました。Frictional Gamesが自身のブログにて明らかにしました。

ブログへのポストによれば、昨年9月時点では約39万本の売り上げに留まっていたものの、同年のPotato Bundleにて36万本、さらに今年初頭に行われたHumble Indie Bundleにて71万本ものセールスを記録したとのこと。またディスカウントを除いたフルプライスでのセールスも順調なようで、現在は月毎に1万本以上を売り上げているそうです(これは5分毎に1本の『Amnesia』が売れている計算)。

『Amnesia: The Dark Descent』は、プレイヤーが記憶を失った男性キャラクターDanielとなり、失われた記憶と真相を求めクリーチャーが彷徨う不気味な洋館を探索するという一人称視点のホラーアクションタイトル。ハイクオリティな恐怖演出や深みのあるクトゥルフ神話ベースの物語などが受け、Metacriticでは平均スコア8.5/10と高評価を獲得しています。

またFrictional Gamesは既に発表済みの精神的な続編『Amnesia: A Machine for Pigs』とは異なる、新たなスーパーシークレットプロジェクトが進行中であることも明らかにしています。同作の詳細は不明ながら、ゲームジャンルは同スタジオお得意の一人称視点ホラーモノとなっており、2014年のリリースが予定されているとのこと。『A Machine for Pigs』とあわせて続報に期待しておきましょう。
(ソース: Frictional Games)

【関連記事】
『Amnesia: A Machine for Pigs』の発売時期が2013年に延期へ
闇から聞こえる豚の鳴き声『Amnesia: A Machine for Pigs』初ティザートレイラーが公開
Frictional: 『Amnesia: A Machine for Pigs』ではより熟成された経験を味わえるだろう
豚を殺すための世界…ホラー続編『Amnesia: A Machine for Pig』が正式発表
ホラーADV『Amnesia』続編は中国が舞台?Frictionalが謎のWebサイトを掲載
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

    週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

  2. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

    SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  3. Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

    Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

  4. グラドル・忍野さらとガチバトル!『攻殻機動隊 S.A.C. Online』メディアキャラバンレポ

  5. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

  6. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  7. NEXON、SFシューター『Titanfall Online』を韓国でリリースへ

  8. ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」 販売の旗艦店が東京の秋葉原に12月10日オープン

  9. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  10. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top