ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード6』のXbox 360先行配信DLCとなる3つのゲームモードが発表【UPDATE】

PC Windows

本日カプコンは、海外向けのプレスリリースで、『バイオハザード6』の発売後にXbox LIVE時限付き独占DLCとして配信する3つの新たなマルチプレイヤー用ゲームモードを公開しました。

Survivors Mode - 伝統的なソロまたはチーム形式での対戦モードで、倒されると敵キャラクターとしてリスポンし、人間キャラクターを攻撃することが可能。2人の人間を倒せば人間として蘇生できる。最後に生き残ったプレイヤーまたはチームが勝利。

Predator Mode - 1人のプレイヤーが(ジェイクキャンペーンに登場する)凶悪なB.O.W.であるウスタナクを操作し、人間プレイヤーを全滅させるのが目的。人間側はウスタナクを阻止するかセッション終了まで生き延びるのが目的。

Siege Mode - 人間側は1人のNPCを護衛することになる。敵側のチームはそのNPCを抹殺するのが目的。マッチの終了時間までNPCが生き延びれば人間側が勝利。

これら3つのゲームモードは、いずれもオンラインで最大6人のプレイヤーが参加出来、マーセナリーズモードと同じマップ上でプレイが可能になる他、先日発表されたオンラインWebサービス「ResidentEvil.Net」とも連動するそうです。

また将来配信予定のDLCには、Survivors、Predator、Siegeの各モードでも使用出来るマーセナリーズモードの新たなマップが含まれるということです。

具体的な配信日などDLCの詳細は国内向けのカプコン発表を待ちましょう。(ソース: プレスリリース)

※UPDATEXbox.comの製品ページ上で、Survivor、Predator、Siegeの3つのゲームモードが、Xbox LIVEの時限付き独占配信になることが発表されています。それに合わせて記事内容を修正・加筆しました。

【関連記事】
Xbox 360版『バイオハザード6』ではダウンロードコンテンツの先行配信を予定
絶望的な状況を描いた『バイオハザード6』海外トレイラー2本立て
『バイオハザード6』マーセナリーズモード特典マップ“カタコンベ”の良画質プレイ映像が登場
PS3版『バイオハザード6』の体験版が本日配信開始ー通常配信用も準備中
『バイオハザード6』独自WEBサービス“RESIDENT EVIL.NET”詳細とトレイラー
カプコン平林氏が『バイオハザード6』のカメラやティアリング問題に回答
『バイオハザード6』のエイダ編や新モード「エージェントハント」が情報解禁!
捕縛者との熾烈な攻防戦『バイオハザード6』体験版プレイレポ第3弾 ジェイク編
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  2. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  5. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  6. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  9. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  10. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top