“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

動物擁護団体PETAが『ポケモン』を使った抗議運動「ピカチュウ達を人間から解放せよ」

October 09, 2012(Tue) 10:52 / by Rio Tani


かつて『Battlefield 3』や『Super Meat Boy』、果ては『マリオ』の“タヌキスーツ”にまで槍玉にあげていた動物擁護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が、『ポケモン』をターゲットにした新たな抗議キャンペーンを展開しています。

PETAの公式サイトには、『Pokemon Black and Blue』と題したキャンペーンページが設置(音量注意)。「残酷なトレーナーの手に囚われたポケモン達をPETAと共に解放しよう」とする見出しで、負傷したピカチュウらポケモンのイメージが描かれ、PETAが制作したフラッシュゲームがブラウザ上でプレイ可能。

ポケモン風のバトルや会話シーンを用意したこのゲームは、ポケモン達が協力して邪悪な人間の手から逃れようと奮起する内容。途中の宝箱をアンロックすると、動物の屠殺シーンを含むPETAの実写コマーシャル映像が流れるので取り扱いに注意。


以下はサイトに記載されるPETAのメッセージ。

“ポケモンがモンスターボールの中に閉じ込められる時間は、サーカスで演技をさせられるのを待つ象がトラックの中で過ごす時間と似ています。ところが現実とこれら非現実の組織立ったアニマルファイティングの違いは、ポケモンゲームが実際には恐ろしい物事を楽天的に描いているということです”

“もしイッシュ地方にPETAがあれば、私達のモットーは「ポケモンは人間が勝手に使ったり乱用するものではなく、彼ら自身の理由の下で存在する」になるでしょう。これは子供たちに伝えるべきメッセージであると信じています” −Team PETA

タヌキスーツマリオの際と同じように、このキャンペーンに対して任天堂から何らかのコメントが発表されるか見守られます。(ソース&イメージ: PETA: Pokemon Black and Blue)

【関連記事】
動物愛護団体PETA、象の平和を訴えるゲームアプリ『Circus Slam!』を配信開始
任天堂、PETAのタヌキマリオ抗議運動に対し声明発表
動物擁護団体PETA、『マリオ』の“タヌキスーツ”に抗議運動
『Battlefield 3』のネズミ殺傷シーンに動物擁護団体PETAが抗議
Team Meatの反撃…PC版『Super Meat Boy』にパロディ版の主人公“Tofu Boy”が追加!
主人公は豆腐!PETAが『Super Meat Boy』のパロディゲーム『Super Tofu Boy』を公開
ちょっぴり過激なメッセージが込められた『クッキングママ』パロディFlashゲーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image