ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北米版『CoD: Black Ops: Declassified』にはPSPタイトル『CoD: Roads to Victory』が無料で付属

携帯ゲーム PSP

北米では11月13日のローンチまであと1ヶ月を切ったPS Vita向けタイトル『Call of Duty: Black Ops: Declassified』ですが、その同作の北米版にはPSPタイトル『Call of Duty: Roads to Victory』の無料ダウンロード権が付属することとなるようです。開発を努めるNihilisticのCEO Robert Huebner氏が海外サイトOne of Swordsに対し明らかにしました。

『CoD: Roads to Victory』は2007年にリリースされた第二次世界大戦が舞台のシリーズタイトル。同作は現在PlayStation Storeでは販売されておらず、リリースが発表され次第、北米版にダウンロード権が無料で付属されることも発表される予定とのこと。

国内未発売の『CoD: Roads to Victory』

他にもHuebner氏はOne of Swordsのインタビューにて、『Declassified』がストーリーやシネマティックな体験では無く、携帯機で可能な限り『CoD』のマルチプレイヤーエッセンスをにフォーカスしているとコメント。また既存の『CoD』を移植した製品では無く、新たなコンテンツと背景を追加しVita向けに仕上げた体験を作ることが最終的なゴールであると伝え、同作が単なる携帯機の移植作では無いことを強調しています。

『Call of Duty: Black Ops: Declassified』は国内でも12月20日にリリース予定です。
(ソース: One of Swords)

【関連記事】
噂: 『CoD:Black Ops 2』ではシーズンパスとElite無料化を採用か、公式サイトに一時掲載
新装備“Zombie Shield”も登場する『CoD: Black Ops 2』ゾンビモードの最新トレイラーが登場
『CoD: Black Ops 2』最新情報がGTTVにて解禁、シングルプレイヤーにクラスクリエイト風の機能が導入へ
Treyarchが『Call of Duty: Black Ops 2』の採用エンジンを弁護
マネキン?も登場する『CoD: Black Ops 2』特典マップ“Nuketown 2025”の初イメージ1点が公開
《ishigenn》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

    コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  2. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

    開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

  3. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

    「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  4. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  5. 『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も

  6. 欧州でPS Vita向け『Ratchet & Clank Trilogy』がリリース、シリーズ初期3作がセットに

  7. ラジコンヘリをPSPで操縦!

  8. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  9. 『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

  10. おねえちゃんも、かえってこなくなっちゃった…『夜廻』闇に潜む恐怖が徐々に判明

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top