“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

MicrosoftがXbox 360の7,000万台セールス突破を発表、研究開発費の上昇など興味深いデータも

October 20, 2012(Sat) 12:55 / by ishigenn

Microsoftは2013年第1四半期の決算報告にて、家庭用ゲーム機Xbox 360の世界売り上げが7,000万台を突破したことを明らかにしました。

7月から9月期のXbox 360売り上げ台数は170万台で、昨年の230万台と比較し60万台の落ち込み。収益はXbox LIVEが好調なものの、コンソールの売り上げとビデオゲーム収益の低下が主な理由となり、昨年から24%減の4億1,800万ドル。Xbox事業含むエンターテイメント&デバイス部門の全体収益は昨年から1%減の19億5千万ドルとなっています。

Microsoftは『Gears of War 3』が発売された昨年と比べビデオゲーム収益が低下していると決算報告にて述べ、同作に匹敵するようなメジャーなリリースが2013年第1四半期に無かったことを自ら指摘。一方で米国では最も売れているコンソールであることを強調しており、同市場にて49%のシェアを持つことを訴えました。

また他の気になる情報として、研究開発費は昨年より44%上昇していることが明らかにされており、噂となっている次世代ゲーム機の登場を予感させる興味深いデータとなっています。
(ソース: Eurogamer , IGN)

【関連記事】
Xbox 360最新のアップデートでFacebook/Twitterアプリが削除へ、ブラウザ奨励の為
Xbox 360版『Doom 3: BFG Edition』のインストール仕様について開発者が注意促す
2012年秋のXbox LIVEアップデートが本日より配信開始
Microsoft: MSPは今後もXbox LIVEの通貨として採用を継続していく
海外Xbox 360ゴールド会員向けにFOX視聴アプリの配信がスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image