“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Wii Uのインディーズタイトルは開発者による価格設定が可能、アップデートの配信も無料に

November 19, 2012(Mon) 15:53 / by ishigenn

Wii UのニンテンドーeShopではローンチタイトルとして複数のインディーズ作品がリリースされましたが、その中の1つ『Trine 2: Director's Cut』を発売したスタジオFrozenbyteがIGNのインタビューに登場。eShopにおける価格設定やパッチの配信料に関する情報を明らかにしました。

FrozenbyteのマーケティングマネージャーMikael Haveri氏によれば、インディーズ作品の価格は各スタジオが複数の基本的なガイドラインにのっとって設定可能で、プライスダウンセールに関しても自身達がやりたい時に希望の価格をつけられるのだそうです。Haveri氏はこのセールス方法がAppleやSteamのやり方にとても近いものだと述べ、インディーズにとってはとてもフレンドリーだと話しています。

また昨今アップデートの配信料に関して高額だという開発者の声が何度か聞こえてきていましたが、Haveri氏によればeShopにて各パッチを配信する際には基本的に支払いは必要無いとのこと。アップデートを行いたいだけ行えるそうで、「インディーズにとってこれは大きい」と同氏はコメントしています。

一方でHaveri氏はアップデートやパッチの認証作業の必要期間については手放しで褒めておらず、Steamと比べれば長くなり、現世代のコンソールとほぼ同等の時間が必要になるだろうと予測しているようです。
(ソース: IGN)

【関連記事】
ピーチが投げてマリオが巨大化、Wii U版『鉄拳タッグトーナメント2』発売トレイラー
23タイトルと共にWii UのeShopがローンチ、アップデート時間など幾つか問題報告も
先頭のユーザーには米国任天堂社長が手渡し、Wii U北米発売を迎える
北米では18日にWii U本体と登場!ゾンビゲーム『ZombiU』ローンチトレイラー
海外ショップGameStopでのWii Uゲームソフト予約数は初代Wiiの2倍を記録―海外報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image