海外レビューハードウェア 『Wii U』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハードウェア 『Wii U』

ニュース 最新ニュース


日本や欧州よりも一足先に、北米で世界初の盛大なローンチを迎えた任天堂の新型ハードWii U。発売と同時に、海外の大手メディアではそのハードウェアレビュー記事が続々と掲載されているので、各サイトが指摘するポイントや総評をひとまとめにしてご紹介します。

USA Today: 3/4
  • TViiサービスやGamePadを生かした追加のゲームなどにより、Nintendo Networkが完全に機能するまでは、Wii Uが家庭用機の魔法を取り戻したとは言い難い。

  • 最大の魅力は、テレビの必要性がなくなったことでどれほどゲーミングが成就したかということ。

  • 30以上のWii UローンチタイトルのほとんどがGamePadを興味深い形で利用している。

  • 本体をセッティングするのは本当に単純。任天堂は8GBと32GBモデルの両方にHDMIケーブルを同梱しており、ウォークスルーのおかげで簡単にプレイの準備ができる。

Joystiq:
  • Wii Uはまさに“次世代”という感じはしない。

  • Wii Uのオンラインサービスでは既にトラブルが生じており、いつも通りの任天堂と言える。

  • GamePadはゲーム機の技術として我々が予期したような前進をしていないものの、未来的なリープを感じさせる。

  • GamePadはまるでゲームコントローラーのスイスアーミーナイフ(万能な、という意味で)。

  • HDでないといえ、GamePadの画面上でWii Uのゲームはテレビとほとんど同じくらいに綺麗に動作する。

Kotaku:
  • Xbox 360やPS3のローンチ時と比べればWii Uはベターだ。

  • 対応ゲームはグッドだが即座な最高傑作はない。

  • Wii Uはハードウェア製品としてWiiやゲームキューブ、その他のあらゆる任天堂据え置き機よりも良く出来ている。

  • コミュニティーやオンライン機能は批評するにはまだ早すぎる。

  • ゲーマーは今Wii Uを買うべきか? Wii Uはマストハブか? 答えは「まだ」だ。

Polygon: 6.5/10
  • Wii Uは過去に任天堂がやってきたことと同じ物を提供する構えだが、もっと多くのものが用意できるかがどうかが待たれる。

  • ハードウェアはしっかりとした作り。

  • GamePadも良い作りで手に持ちやすく、予想よりも遥かに軽い。

  • (PS3やXbox 360バージョンと比較して)Wii Uバージョンのサードパーティーソフトを推奨する説得力ある理由が見つからない。

  • およそ3時間というバッテリー持続時間は、GamePadをテレビのリモコンのように普遍的なものにしようという任天堂の試みを損なわせている。

  • ZombiUはサードパーティーがハードウェアで興味深く過激なゲームができるということを示している。

  • Wii UのグラフィックはPS3とXbox 360に匹敵。

  • Wii UはWiiと同じように、オンラインマルチプレイヤーを深く追求していないが、ソファに座って一緒に遊ぶようなローカルマルチプレイヤーを推し進めている。

Engadget:
  • (GamePad)の明るさを最大に下げ、サウンドや振動をオフにしてみたが、一般的なバッテリー持続時間は3.5時間ほどだった。

  • ゲームの見た目は豪華(HDマリオ!)、リスキーなコントローラーは更なる操作革命として成功を遂げ、これから約束された事もたっぷりある。

  • GamePadを一旦休ませて完全に充電させるには2時間半ほどを要する。

  • Charging Cradle(充電スタンド)はACアダプタのコードを接続しなくてもGamePadを置くだけで簡単に充電できる。

  • PROコントローラーはそこそこの重さがあるが、少々重量が足りず、前と同じ光沢プラスチックとチープなボタンでユーザーの意見が反映されていない。バッテリー持続時間はGamePadよりも遥かに長く、6時間〜10時間ほど使えた。また充電はUSBケーブルを本体に挿すことで行え、そのままプレイも可能。

IGN:
  • Wii U本体が完全な機能にアップデートされて、より良い本体になった。Miiverseは楽しくてややこしい完全な任天堂そのもの。

  • タブレット所持者には普通かもしれないが、テレビの映像とは別でGamePadで動画を見れるのは素晴らしい。何と言っても、テレビが付いていないのにWii UのゲームをGamePad上で遊ぶことができるのは斬新。

  • Wii Uの起動画面の長さに驚いた。性能上はXbox 360やPS3よりも早くてもおかしくないはずなのに、実際はそうでなく、起動が非常に長く感じた。

  • 残念ながら今のところ決定的なゲームがない。NintendoLandはGamePadの能力を示してくれるものの、単なるミニゲームコレクション。

  • PROコントローラーにはヘッドセットの差込口がないため、ヘッドセットを使用する際は例え使っていなくてもGamePadに接続することになる。

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Nintendo Land』
海外レビューハイスコア 『New スーパーマリオブラザーズ U』
ニンテンドーネットワークID、18歳未満の子供が登録するには50セントの追加料金が必要
Wii Uのインディーズタイトルは開発者による価格設定が可能、アップデートの配信も無料に
23タイトルと共にWii UのeShopがローンチ、アップデート時間など幾つか問題報告も
先頭のユーザーには米国任天堂社長が手渡し、Wii U北米発売を迎える
北米では18日にWii U本体と登場!ゾンビゲーム『ZombiU』ローンチトレイラー
調査会社IHS「Wii Uはホリデーシーズンに350万台売れる」
Wii U専用光ディスクの端は丸く加工されている―海外レポート
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

    『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  2. 『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

    『FFXV』アプデのロードマップ公開―新イベント・強くてニューゲーム・キャラメイク等の追加要素を多数予定!

  3. 「PS4」世界累計実売台数5,000万台突破―PS4タイトル実売は3億6,960万本に

    「PS4」世界累計実売台数5,000万台突破―PS4タイトル実売は3億6,960万本に

  4. 噂:『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か

  5. ナイアンティック、『ポケモンGO』ラプラス出現イベントの終了を急遽発表

  6. 47サンタが死を贈る!『HITMAN』クリスマス無料ミッションが海外発表

  7. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  8. Lab Zero新作『Indivisible』のOP制作に「キルラキル」のTRIGGERが参加!

  9. 噂:『ポケモンGO』に「金・銀」第2世代やメタモンが登場?

  10. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top