元Xbox事業担当のEd Fries氏がコンソールゲーム収益モデルの今後を語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

元Xbox事業担当のEd Fries氏がコンソールゲーム収益モデルの今後を語る

ニュース 最新ニュース

Microsoft Game Studiosで長年Xbox事業を担当し、現在はフリーミアムモデルの作品のみをオンライン配信する新型ゲーム機“Ouya”プロジェクトのアドバイザーを務めているEd Fries氏ですが、同氏はその見地からコンソールゲームに向けた今後の課題を投げかけています。

GameInformerのインタビューに答えたFries氏は、現在のゲーム機がAppleの様なモデルを無視するのはますます難しくなっていると話します。

Appleでは誰でもゲームを開発することが可能で、認証は比較的安く済み痛手が無い反面、出来の悪いゲームが氾濫し、その結果市場崩壊が起きた前例のある1984年と同様の環境である事から悪く捉えられるとするも、同氏はこのモデルの利点をXbox LIVEアーケードの『Fez』を例に挙げて説明。XBLA等ではゲームのアップデートを行う際にデベロッパーに高い開発コストが課せられる為、最新のアップデートが出来ないスタジオも存在していると指摘し、反対にiOSならば生じる事の無い問題であると説明しています。

同氏はこの問題がAppleやOuyaの様に、次世代コンソールで解消される必要があると伝えており、ゲーム産業の時代も変化し、ユーザーやデベロッパーは基本無料プレイタイトルを求めているとして、コンソールビジネスはこの変化に適応しなければならないと今後の課題を投げかけています。(ソース:GameInformer via CVG)
【関連記事】
《Round.D》

ニュース アクセスランキング

  1. 『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

    『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

  2. 『STAR WARS バトルフロント』続編では多数の新キャラ登場、EA最高財務責任者が明かす

    『STAR WARS バトルフロント』続編では多数の新キャラ登場、EA最高財務責任者が明かす

  3. 娘のために作られた『魔界村』風2D ACT『Battle Princess Madelyn』フライハイワークスがローカライズを担当

    娘のために作られた『魔界村』風2D ACT『Battle Princess Madelyn』フライハイワークスがローカライズを担当

  4. Steam版『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS』海外配信日決定―「一騎当千」DLCも

  5. 『ディビジョン』開発元、映画「アバター」題材の新作ゲームプロジェクトを進行中

  6. Xbox定額制サービス「Xbox Game Pass」海外発表!100タイトル以上がいつでも

  7. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  8. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  9. 噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

  10. 『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」発表!135種類のカード追加

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top