“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

新作『Dragon Age 3』は次世代機で2014年にリリースか、開発者の経歴より記載が発見

November 29, 2012(Thu) 11:13 / by ishigenn

今年9月にBioWareとElectronic Artsより正式発表されたRPGシリーズ最新作『Dragon Age 3: Inquisition』。リリース時期は2013年後半、また対象プラットフォームは未定となっていましたが、同作が次世代機向けに2014年発売されるという情報が複数の海外サイトにて報じられています。

第1ソースとなった海外サイトKotakuによれば、ビジネス向けソーシャルサイトLinkedInに掲載されたEA上海のレベルデザイナーTao Gu氏の経歴に、“『Dragon Age 3』のリリース時期が2014年に変更、また対象プラットフォームが次世代機向けになった”という記載が発見されたそうです。なおこの記載はLinkedInのプレミアムアカウント保持者のみが見ることのできるプロフィールに掲載されているとのこと。

『Dragon Age 3』は正式発表にて既に開発2年が経過していることや、ゲームエンジンにFrostbite 2.0をベースとして利用することなどが明らかにされていました。同じくBioWare下で開発が進められている『Mass Effect 4』もFrostbite 2.0を採用。また次世代機向けに開発が進められています。
(ソース: Kotaku)

【関連記事】
BioWareが『Dragon Age III: Inquisition』のインゲームショットを初披露
前作の全レベルに匹敵する巨大ステージも『Dragon Age 3』コンセプトアート&ディテールが初公開
BioWare/EA、ファンタジーRPG最新作『Dragon Age 3: Inquisition』を発表
BiowareアーティストのLinkedinページから『Dragon Age 3』のロゴが発見
GC 12: 『Half-Life 3』と『Dragon Age 3』が登場の情報は“主催者側の間違い”【UPDATE】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image