ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに

家庭用ゲーム Xbox360


カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン(Dragon's Dogma Dark Arisen)』の「黒呪島」(こくじゅとう)とモンスターの情報を公開しました。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、カプコンのオープンワールドタイプアクション『ドラゴンズドグマ』に新要素を追加した新作です。

緑豊かなグランシス半島から一変、深い闇へと降り進む、地下世界の冒険の先に待つものとは、また「覚者狩り」とは一体何なのでしょうか。新たな冒険の舞台となる「黒呪島」は邪悪で禍々しい雰囲気に覆われ、謎に包まれた未踏の地。この地に降り立った覚者を凶悪なモンスターが待ち受けます。

廃れた遺跡のような建物がそびえ立つのは黒呪島の入口でしょうか。異様な空気を漂わせその島にたどり着いた覚者は「狩られる」恐怖と戦うこととなります。

闇を照らす大きなランタンの光。しかしそれは覚者達のものではありません。ランタンに照らされて浮かぶシルエットは大きく、不気味。巨大な鎌を持ち覚者達を追うその姿の正体は、出会ったものに死を約束する魔物「デス」。鋭く巨大な鎌とランタンを携え、覚者の命を執拗に付け狙います。その風貌はまさに死神と言ったところでしょうか。

「囚人サイクロプス」は、黒呪島で頑丈な拘束具によって一切の身動きを封じられている巨大なサイクロプスです。一体誰から、何のために拘束されているのか、すべては謎に包まれています。しかし、ひとたびその拘束具から解放されれば覚者にとって脅威となることは間違いありません。

覚者が出会う未知のゴブリンは異様な仮面を被り、棍棒のような武器を所持している「グレーターゴブリン」と、杖から魔法のようなものを発する「ゴブリンシャーマン」です。いずれもグランシス地方に生息していたゴブリンとは異なり、より凶暴性が増しているように見えます。彼らは武器による近距離攻撃と魔法による遠距離攻撃で覚者の道を阻みます。

この島には、まだまだ恐るべきモンスターたちが潜んでいそうです。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、2013年発売予定で価格は未定です。















(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(ソース: ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)

【関連記事】
カプコン凄腕開発者の『Dragon's Dogma』“タイムアタックモード”ガチプレイ映像
「ハードモード」と「タイムアタック」を追加する『Dragon's Dogma』無料DLCが来月配信決定
最新アップデートで『Dragon's Dogma』に“イージーモード”が追加、PS3向けに新体験版も
TGS 12: すべての覚者に朗報!『ドラゴンズドグマ』ステージにて新DLC&新作情報解禁
TGS 12: カプコン、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』緊急発表−最新映像も公開【UPDATE】
《インサイド》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

    【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

  2. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  3. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

    『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

  4. Xbox One S本体の開封映像到着―4K出力はアップデートで対応?

  5. PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の発売決定!全追加DLC収録でVR対応コンテンツも

  6. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  7. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  8. 『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

  9. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  10. 『シェンムー3』の発売日や対応機種、開発状況は?―現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top