ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米記者が銃犯罪とビデオゲームの相互関係が無いことを示す比較データを公開

ニュース 最新ニュース



児童ら26人もの死者を出した米コネティカット州での小学校銃乱射事件を受け、ビデオゲームと暴力事件の関連性が一部で再び取り沙汰されつつありますが、米紙ワシントン・ポストにて、両者に相互関係が無いことを示すデータが公開されています。

これは、同紙のジャーナリストMax Fisher氏がブログ上で公開したもの。米国、日本、英国など、ビデオゲームの市場が大きい10カ国を対象に、10万人当たりの銃による殺人事件の発生率と、1人当たりのビデオゲーム支出のデータを照らしあわせた結果、ゲーム支出の大きい国で銃による殺人が多いという比例的な傾向は一切無いことが分かったそうです。

Fisher氏は、ビデオゲーム消費量と銃犯罪の相互関係が無いと言い切るには、10カ国のみのデータでは完璧な比較にならない、と認めつつも、今回の検証ではゲーム支出の多い国の方が犯罪発生率が少ないとの見方もできるのは、無視できないデータであると主張。

銃乱射事件を発端に、既にお伝えした『Mass Effect』のFacebook炎上騒動、そして英紙The Expressでは、容疑者が遊んでいた『真・三國無双』を「ショッキングな暴力ファンタジーゲームとして事件のインスピレーションになった」などと名指しで批判する事例も確認され、物議を醸しています。(ソース: The Washington Post, Destructoid)


【関連記事】
米小学校乱射事件、犯人を間違えたユーザー達が『Mass Effect』Facebookページに大量の非難コメント
“暴力ゲームは攻撃的な素行につながる”米国でラベル取り付け法案が提出
暴力ゲームと若者の破壊衝動は無関係…テキサスA&M大学の研究チームが報告
暴力ゲームではゲーム内広告が逆効果、テキサス大学の研究チームが報告
米最高裁、暴力ゲームの子供への販売を禁止する法案を却下
God of War生みの親David Jaffe、暴力ゲーム規制や自身の新作について発言
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  2. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

    『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  3. 『Titanfall 2』テックテストの日程が正式発表!海外向けトレイラーも

    『Titanfall 2』テックテストの日程が正式発表!海外向けトレイラーも

  4. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  5. 噂: 『Duke Nukem』謎のカウントダウンの正体を海外サイトが報告

  6. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  7. Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

  8. PC版『Mortal Kombat XL』オンラインβ開始、Steamリリースが濃厚に

  9. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  10. 『DARK SOULS III』最新レギュレーション1.09配信決定―性能が大量調整

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top