ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ギリシャで拘束されていたBohemia Interactiveスタッフ2名が保釈、拘束期間は128日に

January 16, 2013(Wed) 01:21 / by FURUKAWA

昨年9月、新作ミリタリーシューター『ARMA III』の開発を手がけるBohemia Interactive Studioのスタッフ二名がギリシャのレムノス島にてスパイ容疑で拘束。チェコ、ギリシャ両国間の国際問題にまで発展していた事件ですが、128日の拘束期間を経て、本日遂にIvan Buchta氏、Martin Pezlar氏ともに保釈を迎えた事が明らかとなりました。

この問題の最新情報を紹介する海外サイトHelpivanmartinによると、保釈金は5000ユーロ(日本円でおよそ59万円)。また、ギリシャ側の裁判員はあくまでも保釈である事を強調し、今後も事件に関する調査や対応は続けていくと説明。

一時は最大で懲役20年の有罪判決を下される可能性もあった本事件。関係者各位もひと安心といったところですが、今後の進捗や情報にも注目が集まりそうです。(ソース: Helpivanmartin)

【関連記事】Bohemia Interactiveが『ARMA III』の発売延期を発表
リアルマネーを賭けてプレイする『DayZ』非公式サーバーが準備中、しかしBohemiaは反感を示す
Bohemiaの硬派新作ストラテジー『Carrier Command: Gaea Mission』ローンチトレイラー
Bohemia Interactive、『ARMA III』開発スタッフがスパイ容疑で拘束された件の続報を発表
Bohemiaが『DayZ』のコンソール版リリースに言及、「出さないのは恐らく馬鹿げている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image