ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Valveが1998年に発売した初代『Half-Life』がMacとLinuxに対応

January 26, 2013(Sat) 12:42 / by ishigenn

昨今Steam BoxのOSなどを筆頭にWindowsから脱却する動きが強く見られるようになったValveですが、同社の名作FPSとして知られる初代『Half-Life』がMac/Linuxに対応。Windows版が出た1998年から13年の時を経てリリースが開始されました。

現時点ではValveから正式な発表は行われておらず、Steamでの表記もWindowsのみとなっていますが、既にSteamライブラリー上ではMac/Linux版の存在が確認されており、インストール&プレイが可能とのこと。今回『Half-Life』が各OSに対応したことにより、Mod移植作である『Counter-Strike』や『Team Fortress Classic』、拡張パックである“Opposing Force“や“Blue Shift”のMac/Linux公式対応も今後行われていくかもしれません。
(ソース: Cult Mac , Phoronix)

【関連記事】
Rocket氏が『DayZ』の新たなリリース時期や『The War Z』についてAMAで発言
スタンドアローン版『DayZ』のリリース延期が発表、ひとまずクローズドテストが実施へ
『DayZ』開発者Rocket氏が『The War Z』騒動などを受けRedditで発言
Steamでのリリース計画など『DayZ』スタンドアロン版の最新ディテール
スタンドアロン版『DayZ』はMMOライクなクライアントサーバーアーキテクチャを採用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image