ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツの消費者連盟が遂にValveを訴訟−Steamのゲーム所有権を問題視

ニュース 最新ニュース

昨年9月、ドイツの消費者団体連盟(VZBV)がSteamにおけるデジタルグッズ再販売のポリシーやそれに伴う規約変更を問題視し、Valveを訴訟する可能性があるとのニュースをお伝えしましたが、同団体が本格的に訴訟に乗り出したことが分かりました。

VZBV側の主張によると、Steamで販売されるダウンロードゲームは、ユーザーアカウントにキーが紐付けられ、オンライン上でしかプレイできないゲームもあるなど制限があるため、消費者は一般的なパッケージ商品と同じような、自由に他人に売却できる権利を持つべきとのこと。

VZBVのデジタル分野における消費者権利を担当するプロジェクトマネージャーCarola Elbrecht氏は、「ゲームをフルプライスで購入したのに、なぜ自分の好きなように商品を扱えないのか」「Steamユーザーは部分的な形でしかゲームを所有していない」と異議を唱えています。

一方、この訴えに対するValveからのコメントも届いており、「VZBVの訴訟に関するプレスリリースは認識しているものの、実際の訴状を受け取っていないと」報告。「この問題は、先にドイツ最高裁で行われたValveとVZBVの裁判では、Valveに好意的な裁定が下されている」「今のところはドイツ含め世界中でSteamサービスを拡充し続ける」と意に介さない姿勢を見せているようです。(ソース: PC Advisor via GameSpot)

【関連記事】
ドイツ消費者連盟がValveを訴訟の可能性−Steamの利用規約変更で
Steamの利用規約が更新、集団訴訟への参加権を放棄する項目が新たに追加
Steam Boxのライバルはコンソール機ではなくApple−ゲイブ・ニューウェル
Valve、オーストラリアでR18+版『Left 4 Dead 2』のリリースを検討
『GTA: San Andreas』巡る裁判でラップグループCypress Hill元メンバーが敗訴
ソニーとKevin Butler役の俳優がCM出演問題の訴訟で和解
BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

    神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  2. 『アリス マッドネス』のSpicy Horse上海スタジオが閉鎖―アメリカン・マギーはヨット冒険に

    『アリス マッドネス』のSpicy Horse上海スタジオが閉鎖―アメリカン・マギーはヨット冒険に

  3. 期待大!『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』主人公レイを紹介する最新映像

    期待大!『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』主人公レイを紹介する最新映像

  4. 原点回帰2Dアクション『Sonic Mania』プレイ映像―未見シーンも!

  5. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  6. 深層Webで見つかった謎のホラーゲーム『Sad Satan』―作者や制作意図は一切不明

  7. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  8. 『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!膨大な調整施す

  9. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  10. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top