ドイツの消費者連盟が遂にValveを訴訟−Steamのゲーム所有権を問題視 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツの消費者連盟が遂にValveを訴訟−Steamのゲーム所有権を問題視

ニュース 最新ニュース

昨年9月、ドイツの消費者団体連盟(VZBV)がSteamにおけるデジタルグッズ再販売のポリシーやそれに伴う規約変更を問題視し、Valveを訴訟する可能性があるとのニュースをお伝えしましたが、同団体が本格的に訴訟に乗り出したことが分かりました。

VZBV側の主張によると、Steamで販売されるダウンロードゲームは、ユーザーアカウントにキーが紐付けられ、オンライン上でしかプレイできないゲームもあるなど制限があるため、消費者は一般的なパッケージ商品と同じような、自由に他人に売却できる権利を持つべきとのこと。

VZBVのデジタル分野における消費者権利を担当するプロジェクトマネージャーCarola Elbrecht氏は、「ゲームをフルプライスで購入したのに、なぜ自分の好きなように商品を扱えないのか」「Steamユーザーは部分的な形でしかゲームを所有していない」と異議を唱えています。

一方、この訴えに対するValveからのコメントも届いており、「VZBVの訴訟に関するプレスリリースは認識しているものの、実際の訴状を受け取っていないと」報告。「この問題は、先にドイツ最高裁で行われたValveとVZBVの裁判では、Valveに好意的な裁定が下されている」「今のところはドイツ含め世界中でSteamサービスを拡充し続ける」と意に介さない姿勢を見せているようです。(ソース: PC Advisor via GameSpot)

【関連記事】
ドイツ消費者連盟がValveを訴訟の可能性−Steamの利用規約変更で
Steamの利用規約が更新、集団訴訟への参加権を放棄する項目が新たに追加
Steam Boxのライバルはコンソール機ではなくApple−ゲイブ・ニューウェル
Valve、オーストラリアでR18+版『Left 4 Dead 2』のリリースを検討
『GTA: San Andreas』巡る裁判でラップグループCypress Hill元メンバーが敗訴
ソニーとKevin Butler役の俳優がCM出演問題の訴訟で和解
BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

    「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  2. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

    【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  3. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

    豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  4. 『Destiny 2』予告イメージが公開!―公式ツイート

  5. 『DARK SOULS III』第2弾DLCアクセス方法など「よくある質問」公開

  6. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

  7. 名作RPG『Planescape: Torment』リマスター発表か―謎のティーザーサイト現る

  8. 『パラッパラッパー』サウンドトラックも復刻決定!当時の音源そのままに全44曲が収録

  9. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  10. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top