“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

なんとFPSの父ジョン・ロメロとスクエニの間で何かが進行中、同氏がFacebookにて発言

February 18, 2013(Mon) 10:07 / by ishigenn

『Doom』や『Quake』などFPS黎明期の名作をデザインし、更には問題作である『大刀』の開発を指揮したことで知られるFPSの父ジョン・ロメロ氏。ここ最近はソーシャルゲームを手がけたりKickstarterで失敗したりなどしていた同氏が、なんと現在スクウェア・エニックスと何らかの“取り引き”を行なっていることを自ら明らかにしました。

これはジョン・ロメロ氏が自身のFacebookページにて明らかにしたもので、同氏は「さあ取り引きを終わらせよう」と意味深な発言をポストし、さらに現在位置(Facebookでは投稿ごとに現在自身が居る場所を登録できる)をカリフォルニアにある“Square Enix”のオフィスに指定しています。

“取り引き”の内容や成否は一切語られていないものの、スクエニは近年Eidos Montrealの『Deus EX』やUnited Frontの『Sleeping Dogs』など、海外スタジオのパブリッシングに積極的。またロメロ氏もオールド・スクールなシューターへ帰還したいことを過去に明言していました。FPSの父による新作開発がつにスタートかと感じさせる今回のニュース、古参コアゲーマーからは続報に熱い注目が集まることとなりそうです。
(ソース: Facebook@John Romero)

【関連記事】
『Ghost Recon Commander』がサービス中止、ジョン・ロメロのスタジオでレイオフも
ジョン・ロメロのスタジオが伝統的RPG追憶作『Old School RPG』をKickstart
FPSの父ジョン・ロメロ氏がオールドスクール寄りの新作シューターを構想中
ジョン・ロメロお墨付き、『DOOM』のワンシーンを一枚の画にしたファンアート
「家庭用ゲーム機は大きな再考が必要だ」ジョン・ロメロ氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image