ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytek CEO: 次世代コンソールがPCのパワーに匹敵するのは不可能

ニュース 最新ニュース

ソニーのPS4は近日中、MicrosoftのXbox 720は4月に発表と噂されている中、デベロッパーCrytekのCEO Cevat Yerli氏はEurogamerのインタビューの中で“これらの次世代コンソールがハイスペックのPCに匹敵するのは不可能である”との認識を示しました。Yerli氏は現在NDAの下にある事を明かしながらも、その理由について以下のように語っています。

「純粋に小売市場価格の視点からそれは不可能です。主流に2000〜3000ドルをパッケージする事はできません。仮に500ドルのコンソールとしましょう。私は次世代コンソールが500ドルだとは言っていません。それらは2000ドルでローンチするかもしれません。しかし消費者価格は通常それよりも遥かに低いです。つまり消費者価格、ゲーマーPCの生産原価、及びそれが必要とする冷蔵庫のような電力量を考慮すると不可能なのです」

またYerli氏はコンソールメーカーが進化を続けるPCと競争するのは難しく、勝ち目のない戦いだと付け加えています。2007年発売の『Crysis』以降、ハイスペックを要求するPCゲームメーカーとして名を馳せたCrytekならではの意見かもしれません。

なお余談ですがインタビューでは“Crytekは恐らく実行できないゲームで人々が興奮する唯一の会社だろう”、“私たちのグラフィックスプログラマは「もうゲーマーが実行できないゲームを与えるつもりだ」と言っている”、“PCを溶かす”といったCrytekハイスペックジョークも飛び出ています。
(ソース&イメージ: Eurogamer via Strategy Informer)

※UPDATE (2013/02/19 13:30): 当初「1999年発売の『Crysis』」と記載しておりましたが、正しくは「2007年発売の『Crysis』」です。1999年はCrytekの設立年でした。お詫び申し上げるとともにコメント欄でのご指摘に感謝します。

【関連記事】
Crytek: Kinect対応タイトル『Ryse』の開発は順調、本当に良くなりつつある
Crytek CEOのYerli氏が『Crysis』シリーズの今後に言及、将来的にはF2P化の計画も
Crytek CEO: 次世代機でF2Pモデルを導入しなければソニーとMicrosoftは苦戦する
噂: 次世代Xboxはモーションデバイスを同梱か、英誌「EDGE」が詳細を伝える
噂: 次世代機“Durango”と“Orbis”の一部スペックがリーク
海外雑誌EdgeがPS4のディテールを自サイトで一挙公開―年内発売、性能差は僅かなど
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

    PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  2. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  3. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  4. 噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

  5. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  6. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  7. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  8. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  9. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  10. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top