Crytek CEO: 次世代コンソールがPCのパワーに匹敵するのは不可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytek CEO: 次世代コンソールがPCのパワーに匹敵するのは不可能

ニュース 最新ニュース

ソニーのPS4は近日中、MicrosoftのXbox 720は4月に発表と噂されている中、デベロッパーCrytekのCEO Cevat Yerli氏はEurogamerのインタビューの中で“これらの次世代コンソールがハイスペックのPCに匹敵するのは不可能である”との認識を示しました。Yerli氏は現在NDAの下にある事を明かしながらも、その理由について以下のように語っています。

「純粋に小売市場価格の視点からそれは不可能です。主流に2000〜3000ドルをパッケージする事はできません。仮に500ドルのコンソールとしましょう。私は次世代コンソールが500ドルだとは言っていません。それらは2000ドルでローンチするかもしれません。しかし消費者価格は通常それよりも遥かに低いです。つまり消費者価格、ゲーマーPCの生産原価、及びそれが必要とする冷蔵庫のような電力量を考慮すると不可能なのです」

またYerli氏はコンソールメーカーが進化を続けるPCと競争するのは難しく、勝ち目のない戦いだと付け加えています。2007年発売の『Crysis』以降、ハイスペックを要求するPCゲームメーカーとして名を馳せたCrytekならではの意見かもしれません。

なお余談ですがインタビューでは“Crytekは恐らく実行できないゲームで人々が興奮する唯一の会社だろう”、“私たちのグラフィックスプログラマは「もうゲーマーが実行できないゲームを与えるつもりだ」と言っている”、“PCを溶かす”といったCrytekハイスペックジョークも飛び出ています。
(ソース&イメージ: Eurogamer via Strategy Informer)

※UPDATE (2013/02/19 13:30): 当初「1999年発売の『Crysis』」と記載しておりましたが、正しくは「2007年発売の『Crysis』」です。1999年はCrytekの設立年でした。お詫び申し上げるとともにコメント欄でのご指摘に感謝します。

【関連記事】
Crytek: Kinect対応タイトル『Ryse』の開発は順調、本当に良くなりつつある
Crytek CEOのYerli氏が『Crysis』シリーズの今後に言及、将来的にはF2P化の計画も
Crytek CEO: 次世代機でF2Pモデルを導入しなければソニーとMicrosoftは苦戦する
噂: 次世代Xboxはモーションデバイスを同梱か、英誌「EDGE」が詳細を伝える
噂: 次世代機“Durango”と“Orbis”の一部スペックがリーク
海外雑誌EdgeがPS4のディテールを自サイトで一挙公開―年内発売、性能差は僅かなど
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定

    『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定

  2. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

    『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

  3. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』が50万本販売―「ニッチでも開発者が熱心なら多くのファンがつく」

    WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』が50万本販売―「ニッチでも開発者が熱心なら多くのファンがつく」

  4. Bethesdaトッド・ハワード氏が開発中の新作ゲームに言及―『Fallout 4 VR』の続報も

  5. ゲーマーの敗北か。D3Pおっぱいタッチ新作カウントダウンは100日以上先に

  6. 『FF15』限定特典スピンオフ「A King’s Tale: Final Fantasy XV」海外で無料配信へ

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

  8. 『Terraria』開発元も協力!新作タクティカルRPG『Pixel Privateers』が発表

  9. 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top