Zombie Studiosが『Blacklight: Retribution』のコンソール版販売権利を取得 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Zombie Studiosが『Blacklight: Retribution』のコンソール版販売権利を取得

PC Windows

2012年の4月よりPC向けにサービスが開始され、既に登録者数が200万人を突破しているF2PのオンラインFPS『Blacklight: Retribution』ですが、本作の開発を手掛けるZombie Studiosは本日、ワールドワイドのコンソール版販売権利を取得した事を伝えています。

現時点で具体的な情報は無く、詳細は今後数ヶ月に伝えられるとのことですが、同スタジオCEOのJoanna Alexander氏は「全ての主要なコンソールメーカーが基本無料プレイのビジネスモデルをサポートしている事に興奮している」とプレスリリース上で言及しており、F2Pモデルの採用を目指している可能性が考えられます。

『Blacklight: Retribution』は、2010年にXBLA/PC/PSNの順にデジタルダウンロードタイトルで登場した『Blacklight: Tango Down』の続編で 未来的なデザインと豊富なカスタマイズ要素をフィーチャーした作品。海外レビューではIGNが85点を与えるなど高い評価も目立ち、Metacriticのメタスコアは20レビューで75点をマークしていました。(ソース: Zombie Studio via IGN)
【関連記事】
Unreal Engine 4採用のランダム生成ホラー『Daylight』が発表
『Blacklight』のZombie StudioがUnreal Engine 4使用タイトルに着手、発売は2013年Q2時期に
『Blacklight』のZombie Studioが新作TPS『Special Forces: Team X』を発表
基本プレイ無料の続編『Blacklight: Retribution』が今月Steamでリリース
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

    Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

  2. キュートなキャラのSRPG『Super Dungeon Tactics』トレイラー公開

    キュートなキャラのSRPG『Super Dungeon Tactics』トレイラー公開

  3. 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

    【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

  4. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  5. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  8. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

  9. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  10. DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top