Steam『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応、Valveタイトルでは5作目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応、Valveタイトルでは5作目

PC Windows


FPS『カウンターストライク』シリーズの1つ『Counter-Strike: Condition Zero』がLinuxに対応します。Linux対応をじわじわと推し進めるSteamにおいて、Valve作品としては『Half-Life』『Counter-Strike』『Counter-Strike: Source』『Team Fortress 2』に続く5つ目のLinux順応です。発表によると、今後数週間から数ヶ月の間に、さらに対応タイトルを増やすとしています。

『CS:CZ』は2004年にリリースされたタイトル。本格的な対戦ツールとして『Counter-Strike』が認知されていたなか、シングルプレイモードやBOTキャラクターの導入などで敷居を下げる方向性が感じ取れる作品でした。とくにBOTは印象的で、有能だけれど命令に従わないキャラを好んで採用した方もいたことでしょう。また、開発が難航し非常に難産だったことでも知られています。デベロッパーにはValveのほかに、Gearbox SoftwareとRitual Entertainment、Turtle Rock Studiosが名を連ねています。

ヘビーな『CS』ファンからすれば物申したいところのありそうな選出ですが、まず『CS:CZ』が比較的プレイしやすい点、今後増やすと明言されているLinux対応の布石と考えられる点などを鑑みるに、無難な選出と言えなくもありません。今後抜け漏れのない形で満遍なくValve作品がLinuxで遊べるようになることを期待しましょう。(ソース: Steam via Polygon)【関連記事】Linux版Steamが正式ローンチ!記念セールの実施や『TF2』限定アイテムも
Steamホリデーセール8日目: 『XCOM: Enemy Unknown』『LEGO Lord of the Rings』『FTL』などが登場
Steamオータムセール6日目: 『CoD:MW3』『Legend of Grimrock』『Alan Wake』シリーズ他
PC版『Counter-Strike: GO』が今週末まで無料プレイ可能に、週末セールも実施中
新マップの追加やマッチメイキングシステムの変更など『CS: GO』の最新アップデートが実施
《Gokubuto.S》

PC アクセスランキング

  1. 開発期間20年以上!古風なダンジョンRPG『Grimoire』がSteam Greenlightに登場

    開発期間20年以上!古風なダンジョンRPG『Grimoire』がSteam Greenlightに登場

  2. 擬人化ウサギ格闘アクション『Overgrowth』最新ティーザー!―正式リリースも迫る

    擬人化ウサギ格闘アクション『Overgrowth』最新ティーザー!―正式リリースも迫る

  3. 『Fallout Shelter』Steam版リリース―基本無料でVault運営!

    『Fallout Shelter』Steam版リリース―基本無料でVault運営!

  4. 『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』にサーバー追加―今後のアップデート計画も

  5. Windows 10「Creators Update」海外リリース日が決定

  6. ナチス占領下のチェコスロバキア描く『Attentat 1942』―生存者の証言や実際の映像を使用

  7. 宇宙サバイバルADV『ASTRONEER』開発の共同創業者が死去―31歳

  8. ポーランド産コズミック・ホラー『恐怖の世界』トレイラー!―伊藤潤二作品からインスパイア

  9. WW2RTS『Steel Division: Normandy 44』トレイラー!―激しくも美しい戦場の風景

  10. 新作サバイバル『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』3日間収益は12億円以上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top