Xi3社のSteamBox製品“Piston”が予約開始、今年のホリデーに出荷でお値段は約10万円弱から | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xi3社のSteamBox製品“Piston”が予約開始、今年のホリデーに出荷でお値段は約10万円弱から

ニュース 最新ニュース

Valveのハードウェア製品シリーズSteamBoxの1つとして今年1月のCESにて発表されたハードウェア開発会社Xi3のPistonですが、同社が早くも自サイトにてPistonの予約販売を海外イベントSXSW Gaming Expoの開催とともに開始。同機の価格や大まかなハードウェア構成などが明らかとなりました。

Pistonのハードウェア構成は、内部ストレージが128GBのSSD、RAMは8GB、AMDの3.2Ghz Quad Core R464(A10-4600、GPUはRadeon HD 7660Gを搭載)。なおCESでの正式発表時には、CPUやメモリをモジュラー式コンポーネントでアップグレードすることが可能であると伝えられていました。

価格はスタンダードモデルが999.99ドルとなっており、内部ストレージが256GBのSSD(プラス340ドル)か512GBのSSD(プラス750ドル)のモデルも存在、合計で3種類のプランが用意されています。なお現在は中央標準時の3月17日一杯(イベントSXSQが終了するまで)100ドル分が値引きされるセールスも実施中。予約分のPistonの出荷時期は2013年ホリデーシーズンになるとのこと。

海外サイトPolygonが撮影したSXSWにおけるユーザーインターフェイスデモ

価格10万円弱からということで、ミドルクラス辺りのゲーミングPCとほぼ同じ価格帯に位置づけたPiston。今後はリビングでの快適性を謳うBig Pictureモードとの親和性やLANパーティーで使えそうな取り回しの良さなど、Piston独自の機能や特徴をどれだけユーザーに訴えることが出来るかが普及への1つの焦点となりそうです。
(ソース: engadget)
UPDATE: 文中のSSDサイズの誤記載を修正しました。高田馬場さん、ご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
SteamBoxとして話題になったXi3の小型PC“Piston”に謎のInfinity Wardロゴ入りバージョンが登場
CES 13: Gabe Newell氏が自社開発Steam Box“Bigfoot”の詳細を明らかに
Valve: “Piston”の他にも複数のカスタムハードウェアプロトタイプがある
CES 13: ValveとXi3がSteam Big Pictureに対応した小型PC“Piston”を展示【UPDATE】
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  3. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  7. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  8. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  9. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  10. Co-op狩猟ゲーム『Hunting Simulator』海外発表―PS4/XB1/PCで一狩り!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top