ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xi3社のSteamBox製品“Piston”が予約開始、今年のホリデーに出荷でお値段は約10万円弱から

ニュース 最新ニュース

Valveのハードウェア製品シリーズSteamBoxの1つとして今年1月のCESにて発表されたハードウェア開発会社Xi3のPistonですが、同社が早くも自サイトにてPistonの予約販売を海外イベントSXSW Gaming Expoの開催とともに開始。同機の価格や大まかなハードウェア構成などが明らかとなりました。

Pistonのハードウェア構成は、内部ストレージが128GBのSSD、RAMは8GB、AMDの3.2Ghz Quad Core R464(A10-4600、GPUはRadeon HD 7660Gを搭載)。なおCESでの正式発表時には、CPUやメモリをモジュラー式コンポーネントでアップグレードすることが可能であると伝えられていました。

価格はスタンダードモデルが999.99ドルとなっており、内部ストレージが256GBのSSD(プラス340ドル)か512GBのSSD(プラス750ドル)のモデルも存在、合計で3種類のプランが用意されています。なお現在は中央標準時の3月17日一杯(イベントSXSQが終了するまで)100ドル分が値引きされるセールスも実施中。予約分のPistonの出荷時期は2013年ホリデーシーズンになるとのこと。

海外サイトPolygonが撮影したSXSWにおけるユーザーインターフェイスデモ

価格10万円弱からということで、ミドルクラス辺りのゲーミングPCとほぼ同じ価格帯に位置づけたPiston。今後はリビングでの快適性を謳うBig Pictureモードとの親和性やLANパーティーで使えそうな取り回しの良さなど、Piston独自の機能や特徴をどれだけユーザーに訴えることが出来るかが普及への1つの焦点となりそうです。
(ソース: engadget)
UPDATE: 文中のSSDサイズの誤記載を修正しました。高田馬場さん、ご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
SteamBoxとして話題になったXi3の小型PC“Piston”に謎のInfinity Wardロゴ入りバージョンが登場
CES 13: Gabe Newell氏が自社開発Steam Box“Bigfoot”の詳細を明らかに
Valve: “Piston”の他にも複数のカスタムハードウェアプロトタイプがある
CES 13: ValveとXi3がSteam Big Pictureに対応した小型PC“Piston”を展示【UPDATE】
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  3. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  4. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  5. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  6. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  9. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  10. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top