『Killer is Dead』英語版オフィシャルトレーラー公開、言語切替可能かは不明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Killer is Dead』英語版オフィシャルトレーラー公開、言語切替可能かは不明

家庭用ゲーム Xbox360


ファンにはパンクでお馴染みグラスホッパー・マニファクチュアの最新作『Killer is Dead』の海外向け英語版トレーラー動画が公開されています。基本的には以前公開されたPVと同じで、キャラクターの台詞が英語に差し替えられもの。他には冒頭の審査云々の部分がなくなっているほか、XSEED Gamesのロゴがあります。北米向けのパブリッシングにかかわっている、マーベラスAQLの完全子会社です。

さて、GHMならびに須田剛一作品の狂信者として当然気になるのは言語にかかわる部分。今回主人公の名前は"モンド"ですが、モンドといえばFSRこと『花と太陽と雨と』。『FSR』はキャラボイス無し(厳密には宇宙語ライクな謎言語)でした。そして、「Killer」で否が応にも連想する『Killer7』は全編英語音声。ゲームパートの部分が似ているように見える『NO MORE HEROES 2 DESPERATE STRUGGLE』に至っては、北米リリースから日本版発売まで半年以上かかるくらいに英語前提でした。

今回公開されたのは日本語を英語に差し替えたもの。字幕や音声を日本語/英語をオプションで任意に変更できるのかは今のところ不明です。GHM作品としては『BLACK KNIGHT SWORD』が日本語音声固定であった一方で、『ロリポップチェーンソー』は2ヶ国語に完全対応でした。『Killer is Dead』がどういうゲーム性を採用しているかはわかりませんが、周回プレイしたくなる性質ならば言語切替は楽しみの1つ。多言語対応の柔軟なコンフィグがあることを祈りたいところです。
(ソース: VG 247)【関連記事】【台北国際ゲームショウ 2013】台湾でも大注目の『KILLER IS DEAD』、ステージ&記者発表は須田剛一氏の独擅場
『KILLER IS DEAD』海外でも発売決定、角川ゲームスがパブリッシングパートナーを発表
壮絶な戦闘シーンを収めた『KILLER IS DEAD』の更なるスクリーンショットが見参
ようこそ処刑事務所へ…『KILLER IS DEAD』のキャラクター&ストーリーディテール
愛と処刑のスタイリッシュアクション『KILLER IS DEAD』PV第1弾が解禁!
《Gokubuto.S》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

    PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  2. スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

    スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

  3. スイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

    スイッチ向け「バーチャルコンソール」海外ローンチ時には未実装

  4. キャラカスタマイズを紹介する『Mass Effect: Andromeda』最新映像!

  5. PS「ベストヒットインディーズ セール」がPS Storeにて実施―PS Plus加入者は最大80%OFF!

  6. チビるほど恐怖!サバイバルシューター『The Brookhaven Experiment』PS VR版が国内でリリース

  7. SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験、ジョイコン「乳搾り」にご満悦

  8. PS4向け初代『ダライアス』収録の30周年記念製品リリース!『Gダラ』までのサントラも収録

  9. 狂気のアーカム再び…PS4『バットマン:リターン・トゥ・アーカム』リリース!

  10. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top