GDC 13: F2P近未来シューター『Blacklight: Ritribution』がPlayStaiton 4向けにもリリース決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 13: F2P近未来シューター『Blacklight: Ritribution』がPlayStaiton 4向けにもリリース決定

ニュース 最新ニュース

今年3月にも開発のZombie Studiosがコンソール版の販売権利を取得した事が伝えられていた『Blacklight: Ritribution』ですが、ゲーム開発者イベントGDC 2013にてソニーが同作のPlayStation 4版を正式アナウンス。合わせて約40秒ほどの短いトレイラーを公開しました。

同作は昨年4月よりPerfect World EntertainmentやSteamにてサービスが展開されていた前作『Blacklight: Tango Down』に続くF2P形式のマルチプレイヤーFPS。近未来を舞台にした本作では様々な装備品やガジェットなど豊富なカスタマイズ要素が存在し、Hardsuitといった搭乗兵器も登場。サービス開始以降、1年間で200万人のプレイヤーを獲得しています。


同作は同じくPS4向けの展開が今回発表された恐竜シューター『Primal Carnage』と合わせ、PSN独占配信を条件に開発費用やロイヤリティを保証するソニーのPub Fundの支援を受けてリリースされる見込みです。
(ソース&イメージ: PlayStation.Blog)

【関連記事】
Zombie Studiosが『Blacklight: Retribution』のコンソール版販売権利を取得
『Blacklight』のZombie StudioがUnreal Engine 4使用タイトルに着手、発売は2013年Q2時期に
『Blacklight』のZombie Studioが新作TPS『Special Forces: Team X』を発表
基本プレイ無料の続編『Blacklight: Retribution』が今月Steamでリリース
『Blacklight: Tango Down』の開発元がKinect向けシューターを開発中?
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  2. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  3. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

    『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

  4. 『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

  5. マイクラ風の『ARK』新作『PixArk』が海外発表―ポケモンGO風の新作ARゲームも

  6. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  7. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

  8. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  9. 今さら聞けないPC版『スカイリム』ガイド ― ModやDLCで無限に広がる冒険世界

  10. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top