『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Witcher 3』のエンディングには3つのエピローグと36のワールド状況が存在、総数は300種類以上に

PC Windows

プレイヤーが操作するゲラルトの選択により実に細かな分岐が行われていくことで知られるCD Projekt REDの『The Witcher』シリーズですが、開発チームが最新作『The Witcher 3』のエンディングでは3種類のプレイアブルなエピローグと36のワールド状況が存在することを明らかにしました。

スタジオのマネージングディレクターAdam Badowski氏が「36種類のエンディングがある」と海外サイトPolygonに打ち明けたところ、これに対しマーケティング担当のMichal Platkow-Gilewski氏が「36の世界の状態だ」と訂正。『The Witcher 3』ではエンディング時に36のワールド状況が存在し、また細かな変化を含めば300以上のエンディング状況が存在すると説明しました。(開発チームは300種類のエンディングを確認した時点で解析をストップしたとのこと)

ただしBadowski氏によれば、この豊富なエンディングは開発側が意図して用意したものでは無く、ストーリーラインを意識した上で生まれた自然の成り行きであるとしており、数百の分岐とサブプロットは全てエンディングへと帰結していくと説明。「我々はエンディングを作りあげるのでは無く、選択による成り行きを作り上げることに時間を費やしている」とコメントしています。


他にも開発チームの両名はPolygonに対し、同作がPS4やPC以外のプラットフォームでも開発中であることを「恐らく他にも」と示唆。またメインストーリーと膨大なサイドクエストにはそれぞれ100時間分のゲームプレイコンテンツが存在すること、今回のオープンワールドは前作の35倍に当たる広さであることも明らかにしています。
(ソース: Polygon)

【関連記事】
『Cyberpunk 2077』ではマルチプレイもフィーチャー、『The Witcher 3』での導入も示唆
美麗な環境を収めた『The Witcher 3: Wild Hunt』最新スクリーンショットが公開
メインストーリーは50時間以上に、ドイツの情報誌にて『The Witcher 3』のディテールが掲載
【PS4発表】“次世代オープンワールドRPG”『The Witcher 3: Wild Hunt』がPS4でも発売決定!
『The Witcher』シリーズが累計500万本を突破、過去2作のセールが実施中
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『ウォッチドッグス2』『ディビジョン』『Killing Floor 2』『Pillars of Eternity』他

    週末セール情報ひとまとめ『ウォッチドッグス2』『ディビジョン』『Killing Floor 2』『Pillars of Eternity』他

  2. 『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」新カード12枚が公開!

    『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」新カード12枚が公開!

  3. 『Yooka-Laylee』のユーチューバー音声が削除―人種差別発言を受け

    『Yooka-Laylee』のユーチューバー音声が削除―人種差別発言を受け

  4. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  5. WW2FPS新作『Day of Infamy』が正式リリース!―激しい戦闘描くローンチトレイラーも

  6. 生き残りをかけて100人が殺し合う『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始!

  7. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  8. 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

  9. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  10. PC版『ニーア オートマタ』Steamにて発売開始!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top