ハードコアゲーマーのためのWebメディア

企業再建の一環としてスクウェア・エニックスのロサンゼルス支部にてレイオフが実施

ニュース 最新ニュース

3月末の業績予想修正説明会で営業利益60億円の赤字予想を発表し、首脳陣の一新や収益の見込めないコンテンツの一掃を打ち出したスクウェア・エニックス。本日海外サイトPolygonなどに公式声明が送られ、同社のロサンゼルス支部にてレイオフが行われたことが明らかにされました。

LAオフィスはパブリッシング業務や『ファイナルファンタジー14 新生エオルゼア』、『Wakfu』(サムネイル参照)といったオンラインMMOタイトルの運営を北米にて行なっており、昨年12月にも問題は無いレベルとされたもののレイオフが実施されたばかり。今回のレイオフは先週発表されたスクエニによる“企業再建の一環”として実施されたことが伝えられており、影響を受けたスタッフには支援や退職手当などのケアが行われることも明らかにされています。

なおレイオフの対象人数は明らかにされていませんが、海外サイトPolygonが今回のレイオフに関わった人物から聞いた非公式情報によれば、レイオフの対象は「上から下まで」幅広い範囲になったとも伝えられています。
(ソース: Polygon)

【関連記事】
スクエニHD和田社長、退任後は経営には関わらず。「現場で働いてお返しする」
スクエニ: 『Sleeping Dogs』 『Hitman: Absolution』 『Tomb Raider』のセールス記録は予想以下の結果に
スクウェア・エニックス、和田洋一社長の退任を発表
スクエニHD、通期は60億円の営業赤字に・・・業績予想を大幅修正、特損も計上
スクエニHD、松田洋祐氏が代表取締役に就任
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  3. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  4. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  5. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  6. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  7. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  8. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top