ハードコアゲーマーのためのWebメディア

企業再建の一環としてスクウェア・エニックスのロサンゼルス支部にてレイオフが実施

ニュース 最新ニュース

3月末の業績予想修正説明会で営業利益60億円の赤字予想を発表し、首脳陣の一新や収益の見込めないコンテンツの一掃を打ち出したスクウェア・エニックス。本日海外サイトPolygonなどに公式声明が送られ、同社のロサンゼルス支部にてレイオフが行われたことが明らかにされました。

LAオフィスはパブリッシング業務や『ファイナルファンタジー14 新生エオルゼア』、『Wakfu』(サムネイル参照)といったオンラインMMOタイトルの運営を北米にて行なっており、昨年12月にも問題は無いレベルとされたもののレイオフが実施されたばかり。今回のレイオフは先週発表されたスクエニによる“企業再建の一環”として実施されたことが伝えられており、影響を受けたスタッフには支援や退職手当などのケアが行われることも明らかにされています。

なおレイオフの対象人数は明らかにされていませんが、海外サイトPolygonが今回のレイオフに関わった人物から聞いた非公式情報によれば、レイオフの対象は「上から下まで」幅広い範囲になったとも伝えられています。
(ソース: Polygon)

【関連記事】
スクエニHD和田社長、退任後は経営には関わらず。「現場で働いてお返しする」
スクエニ: 『Sleeping Dogs』 『Hitman: Absolution』 『Tomb Raider』のセールス記録は予想以下の結果に
スクウェア・エニックス、和田洋一社長の退任を発表
スクエニHD、通期は60億円の営業赤字に・・・業績予想を大幅修正、特損も計上
スクエニHD、松田洋祐氏が代表取締役に就任
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  7. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  8. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  9. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  10. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top