ファンの期待に応えるものではなかったとして『Doom 4』の開発が仕切り直し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ファンの期待に応えるものではなかったとして『Doom 4』の開発が仕切り直し

ニュース 最新ニュース


2008年に制作が発表されて以来、なかなかその姿を見せないid Softwareの人気シリーズ最新作『Doom 4』ですが、パブリッシャーであるBethesda SoftworksのPR及びマーケティングVP Pete Hines氏は同作の開発が仕切りなおされた事を明らかにしました。

Hines氏の話によれば、『Doom 4』の初期バージョンは世界中の『Doom』ファンが期待するクオリティと興奮を示さなかったそうで、id Softwareはゲームとフランチャイズに対する皆の高い期待に応えるべく、新バージョンの開発に再注力していると語っています。ゲームの詳細については時期が来たら話すだろうとの事。

なおKotakuではある筋からの情報として、『Rage』の売上不振で『Rage 2』の開発がキャンセルされるとともに『Rage』のDLC計画も縮小されたと伝えており、現在は全てのidスタッフが『Doom 4』の開発に取り組んでいるようです。

次世代コンソール向けに開発されているとも囁かれる『Doom 4』。発表から約5年が経過した本作はファンが望む『Doom』となる事ができるのでしょうか。今後の更なる続報に期待です。
(ソース&イメージ: Kotaku via Shacknews, Eurogamer)

【関連記事】
『Doom 4』は話題のVRヘッドセット“Oculus Rift”に対応予定、カーマック氏が明らかに
ジョン・カーマック氏が『Rage』の各種問題について言及、『Doom 4』に関する発言も
噂: 『Doom 4』のイメージ約200枚が流出、開発中止の噂再燃もBethesdaは「No」
Bethesda、『Doom 4』無期限延期の噂を否定「全くのでたらめ」
噂: 『Rage』の各種問題により『Doom 4』開発が無期延期に【UPDATED】
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  3. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  4. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  5. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  6. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  7. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  8. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  9. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  10. 『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top