ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Far Cry 3: Blood Dragon』のリークはuPlayの脆弱性を利用したハッカーの仕業―海外報道

April 10, 2013(Wed) 00:40 / by Round.D

オールドスクールな公式サイトがエイプリルフールのネタとしてオープンするも、Xbox.com上に商品ページが登場していた事などから半ばその存在が実証されていた謎の新作『Far Cry 3: Blood Dragon』。昨日早朝に突如として長時間に及ぶプレイ映像がYouTubeにリークし(現在はUbisoftの削除申請により閲覧不可)、大きな注目を集めていた本作ですが、海外サイトのGameranxがゲームファイルがリークした原因を伝えています。

同サイトによれば、今回のリークはUbisoftのPCゲームランチャーuPlayの脆弱製を利用したロシア人ハッカーの仕業であるとして、既にゲームファイルは複数のサイトに流出してしまっている状況であると報告。現在もUbisoftによる公式発表は行われていない本作ですが、サーバー上にゲームファイルが存在していた事から既に開発が完了しているとも見られており、過去にXbox.comの商品ページから判明していた“5月1日”の発売日もありえない話では無いのかもしれません。(ソース: Gameranx via Eurogamer)
【関連記事】
映画ターミネーター×ニンジャ的な核戦争後世界を描くスピンオフ『Far Cry 3: Blood Dragon』の映像がリーク
Xbox公式サイトに『Far Cry 3: Blood Dragon』の商品ページが登場、『エイリアン2』のマイケル・ビーンが出演
Xbox.com上で『Far Cry 3: Blood Dragon』のスクリーンショットが発見
Soundcloudに謎の新作『Far Cry 3: Blood Dragon』のサウンドトラックが3種登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image