ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、再び海外ユーザーの投票イベントで「アメリカ最悪企業」に選ばれる…COOからは自省の弁も

ニュース 最新ニュース

米国の消費者関連ウェブサイト"Consumerist"が毎年実施している「Worst Company in America 2013」の投票において、エレクトロニック・アーツがバンク・オブ・アメリカを破り、2年連続で「アメリカ最悪企業」の称号を獲得しました。その他のノミネート企業は、AT&T、AIG、BP、コムキャスト、ペイパル、ウォルマート、チケットマスター、フェイスブックなど。

Consumeristは「昨年の衝撃的な受賞に続いて、2年連続の"Golden Poo黄金のウンコ)"の称号に輝いたエレクトロニック・アーツは、『顧客を人間版ブタの貯金箱のように扱うのをやめ、未完成のゲームや、勝利するためには追加でお金を払う必要のあるような不十分なゲームを売るのをやめるべきだ』というメッセージを受け取ったわけです」と論評。

具体的には『マスエフェクト3』『Dead Space 3』『Dragon Age 2』といった不十分なゲームをリリースしたり、先月から騒動が続いている『シムシティ』のようなシングルプレイのみでもインターネット接続を要求し、十分な処理が行われていない事を指摘。ユーザーサポートに関しても歴史的に低い評価がされていると述べています。

今回の発表に先立ち、エレクトロニック・アーツでCOOを務めるピーター・ムーア氏は自身のブログで「WE CAN DO BETTER」(もっと良くやれる)というエントリーを公開し、「全ての大企業と同じようにEAも完璧ではなく、一部の指摘は事実であると言うほかない」と反省の弁を綴り、「我々はヤンキースやマンチェスター・ユナイテッドのように"勝利"を宿命付けられた組織であり、成功も批判も多くを手に入れている」と心境を述べています。

ムーア氏はデジタル流通の「Origin」を推進することや、アイテム課金などの新しいビジネスモデルを取り入れる事に対する批判には反論しつつも、一時はプレイ不能な状態にあった『シムシティ』などには素直に反省し改善に取り組んでいるとコメント。毎年3億5000万人以上に楽しまれているゲームをより良くしていくために日々の努力を重ねていくと述べています。
(ソース: Consumerist , Electronic Arts)

【関連記事】
海外ユーザー投票イベントでEAが“最悪の会社”に決定…同社が公式コメント
《Mr.Cube》

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  3. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  4. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  5. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  6. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  7. PS4/XB1/PC『デッドライジング トリプルパック』国内発売決定!単体販売も

  8. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top