海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『日本のダークなサイバーパンクゲーム』

メディア 動画

5月のリリースが決定している『Shadowrun Returns』やCD Projekt REDの『Cyberpunk 2077』など、海外タイトルが目立ちがちなサイバーパンクジャンルですが、海外サイトKotakuにて『最もダークな日本のサイバーパンクゲーム』として12のタイトルが挙げられているのでご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『スナッチャー』(1988) - コナミ


■『キャノンダンサー』(1996) - ミッチェル


■『AKIRA』(1988) - タイトー


■『ジェノサイド』(1989) - ZOOM


■『アインハンダー』(1997) - スクウェア


■『ポリスノーツ』(1994)- コナミ


■『女神転生』シリーズ - アトラス


■『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』(1997)- SCEI


■『メタルギア』シリーズ - コナミ


■『ライブ・ア・ライブ (近未来編)』(1994) - スクウェア


■『ザ・スクリーマー』(1985)- マジカルズゥ


■『鋼 〜HAGANE〜』(1994)- ハドソン

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記事中ではダークというよりも、独特の世界観を持ったタイトルが重点的に選ばれているようです。『スナッチャー』、『ポリスノーツ』、『メタルギア』と小島監督の代表作がずらりと3タイトル選出されている他、『AKIRA』、『攻殻機動隊』といった海外でも人気の高いアニメを原作とした作品も並んでいます。この他にも皆さんの知る国産のサイバーパンクゲームを是非コメント欄にて教えてください。(ソース: Kotaku)

【関連記事】ほぼ完璧! 海外サイトが選ぶ実写映画版『Half-Life』のキャスト
海外サイトが選ぶ『2012年のベストビデオゲームミュージック』
海外サイトが選ぶ“2013年期待の新規タイトル”
海外サイトが選ぶ 『2012年度における重要なPCゲーム』20選
海外サイトが選ぶ『ゲーム音楽リミックス』BEST10
《FURUKAWA》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

メディア アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  2. 『Prey』国内向け新映像!プレイヤーの選択で形作られる主人公“ユウ”とは…

    『Prey』国内向け新映像!プレイヤーの選択で形作られる主人公“ユウ”とは…

  3. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

    どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

  4. 『DARK SOULS III』DLC第2弾トレイラー完全版&スクリーンショット公開!

  5. ファン制作『マインクラフト』未来版の映像がスゴすぎる…―現実とゲームが融合!

  6. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第5回 『ミスティックアーク』(1995)

  7. 新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

  8. 『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

  9. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第4回『リンダキューブアゲイン』(1997)

  10. PS4『GOD OF WAR III Remastered』とPS3比較映像―60fpsヌルヌルクレイトス

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top