ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

新生『Thief』のPC版は安易なコンソール移植ではない―プロデューサー

April 11, 2013(Thu) 21:31 / by Round.D

PC/PS4/その他の次世代機を対象に2014年に登場が予定されている新生『Thief』。1998年から2004年までにPCをメインプラットフォームに3作品が展開されたステルスアクションゲームの本シリーズですが、最新作の開発を手掛けるEdios Montrealでプロデューサーを務めるStephane Roy氏が、PC版における開発の指針について語っています。

海外サイトStrategy Informerのインタビューに登場したRoy氏は、『Thief』の開発チームはPC版を“極めて重要”であると認識しており、コンソール版と異なるキーボード+マウスのインターフェイスを確固としたものにするべく、PC版の開発を進めているとのこと。

またRoy氏は、PCとコンソールを異なるタイプの野獣と捉えてPC版の開発を行っているらしく、同スタジオが目指すところはPC版を安易なコンソール版の移植にはしないことと伝えています。

ハードを一世代飛び越し、次世代機向けに復活を遂げる新生『Thief』は、2014年に登場が予定されています。(ソース: Strategy Informer via IGN)
UPDATE(4/11 22:25):文章を一部変更しました。訂正してお詫び致します。
【関連記事】
新生『Thief』の初トレイラー“Out of the Shadows”公開。闇に紛れる盗賊となれ
退廃的なスラムの町並みを描く『Thief 4』最新コンセプトアート
およそ9年ぶりの復活を果たす『Thief 4』のティザー映像が公開
主人公は英雄では無く盗賊―ついに正式発表となった『Thief 4』の最新ディテールが一挙登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image