ハードコアゲーマーのためのWebメディア

奇才Jeff Minter氏が電脳ドラッグSTG『Temepst 2000』の続編をPS Vita向けに開発中

ニュース 最新ニュース


英国のデザイナーとしてAtari時代から多数のビデオゲーム開発に関わってきた奇才Jeff Minter氏が、同氏の代表作とも言える電脳ドラッグSTG『Temepst 2000』の続編をPS Vita向けに開発中であると発表しました。

『Tempest 2000』は1980年代に発売されたアーケードゲーム『Tempest』のリメイク作で、立体的に表現された平面フィールドを進行してくる敵を自機で撃ち倒していくステージクリア型のシューティングタイトル。1994年発売の『2000』はシステムを継承しつつド派手なパーティクルグラフィックや中毒性の高いBGMで仕上げられた電子ドラッグSTGとして未だ根強い人気があり、今年PSN向けにリリースされた『Dyad』など円筒状のフィールドを突き進むサイケデリックSTGジャンルの礎とも言える存在となっています。

Minter氏が自身のソフトウェア会社Llamasoftの公式ブログにて発表したところによれば、現時点でのプロジェクト名は“TxK(Tempest X000)”。Minter氏は『Tempest 3000』にて独自の手法であるシェーダー的テクニック(※)を利用するなどして続編を開発はしたものの、それらはハードのチップや解像度、フレームレートの制限などで全てのポテンシャルは出し切っていないと説明し、現代のハードウェア上にて制限から解き放たれた真の『Tempest 2000』の続編をリリースする旨を明らかにしています。

※ Minter氏はシェーダーがまだ存在しない時代に大量のピクセル計算を行うテクニックを54MHz CPU搭載のDVDゲーム機Nuonで実現していた

同氏は“TxK”はオリジナルの『Tempest 2000』の本質をベースにした作品にするつもりだとも発言。同スタジオによる2009年のXBLAタイトル『Space Giraffe』でも望まれていたピュアで単純明快なシューターを目指し、極端なサイケデリック路線には走らないものの、流動的でカラフルな素晴らしいビジュアルをVitaの有機LEDディスプレイ上にて表現すると語っています。

PlayStation Vita向け“TxK”の詳細な発売時期などは現時点で明らかにされていませんが、当時Atari Jaguarで『Tempest 2000』やPSタイトル『N2O』をYESYESとプレイした古参ユーザーも、また『Dyad』などで知った現代のゲーマーも今後の続報しておきましょう。
(ソース: Llamasoft イメージ: YouTube@Dean Pook)

【関連記事】
XBLA: 『Sensible World of Soccer』&『Tempest』12月19日配信予定
Microsoftが『Halo』Steam配信の噂を否定、PSN『Dyad』はPC移植が実現へ
海外レビューハイスコア『Dyad』
PSNのアブストラクトなレースゲーム『Dyad』の海外配信日が決定
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

    『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  2. Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

    Steam夏の大型セール「サマーピクニックセール」がスタート!

  3. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

    非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

  4. 『L.A. Noire』のTeam Bondi新作『Whore of the Orient』が開発中止か

  5. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  6. 最新作の前日譚も描く『Mass Effect』ノベル展開が発表

  7. 『オーバーウォッチ』5月度デジタル売上は驚異の2億6,900万ドル

  8. サンドボックス工作ADV『Portal Knights』に日本語が実装!

  9. PS4/PS3/PS Vita向け『ウォーキング・デッド シーズン2』国内向けに発売決定―前作のPS4版もリリース予定

  10. Valve、FPS『CS:GO』での違法賭博をサポートしていると提訴される

アクセスランキングをもっと見る

page top