ハードコアゲーマーのためのWebメディア

奇才Jeff Minter氏が電脳ドラッグSTG『Temepst 2000』の続編をPS Vita向けに開発中

ニュース 最新ニュース


英国のデザイナーとしてAtari時代から多数のビデオゲーム開発に関わってきた奇才Jeff Minter氏が、同氏の代表作とも言える電脳ドラッグSTG『Temepst 2000』の続編をPS Vita向けに開発中であると発表しました。

『Tempest 2000』は1980年代に発売されたアーケードゲーム『Tempest』のリメイク作で、立体的に表現された平面フィールドを進行してくる敵を自機で撃ち倒していくステージクリア型のシューティングタイトル。1994年発売の『2000』はシステムを継承しつつド派手なパーティクルグラフィックや中毒性の高いBGMで仕上げられた電子ドラッグSTGとして未だ根強い人気があり、今年PSN向けにリリースされた『Dyad』など円筒状のフィールドを突き進むサイケデリックSTGジャンルの礎とも言える存在となっています。

Minter氏が自身のソフトウェア会社Llamasoftの公式ブログにて発表したところによれば、現時点でのプロジェクト名は“TxK(Tempest X000)”。Minter氏は『Tempest 3000』にて独自の手法であるシェーダー的テクニック(※)を利用するなどして続編を開発はしたものの、それらはハードのチップや解像度、フレームレートの制限などで全てのポテンシャルは出し切っていないと説明し、現代のハードウェア上にて制限から解き放たれた真の『Tempest 2000』の続編をリリースする旨を明らかにしています。

※ Minter氏はシェーダーがまだ存在しない時代に大量のピクセル計算を行うテクニックを54MHz CPU搭載のDVDゲーム機Nuonで実現していた

同氏は“TxK”はオリジナルの『Tempest 2000』の本質をベースにした作品にするつもりだとも発言。同スタジオによる2009年のXBLAタイトル『Space Giraffe』でも望まれていたピュアで単純明快なシューターを目指し、極端なサイケデリック路線には走らないものの、流動的でカラフルな素晴らしいビジュアルをVitaの有機LEDディスプレイ上にて表現すると語っています。

PlayStation Vita向け“TxK”の詳細な発売時期などは現時点で明らかにされていませんが、当時Atari Jaguarで『Tempest 2000』やPSタイトル『N2O』をYESYESとプレイした古参ユーザーも、また『Dyad』などで知った現代のゲーマーも今後の続報しておきましょう。
(ソース: Llamasoft イメージ: YouTube@Dean Pook)

【関連記事】
XBLA: 『Sensible World of Soccer』&『Tempest』12月19日配信予定
Microsoftが『Halo』Steam配信の噂を否定、PSN『Dyad』はPC移植が実現へ
海外レビューハイスコア『Dyad』
PSNのアブストラクトなレースゲーム『Dyad』の海外配信日が決定
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『ストリートファイターV』脆弱性ファイルを削除するツール配信

    PC版『ストリートファイターV』脆弱性ファイルを削除するツール配信

  2. 『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破!記念イラスト&無料キャンペーンも

    『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破!記念イラスト&無料キャンペーンも

  3. 「Twitch」に映像ファイルアップロード機能が搭載、ベータテストが開始

    「Twitch」に映像ファイルアップロード機能が搭載、ベータテストが開始

  4. Amazon Game Studios、PCタイトル3本を海外発表!サンドボックスやTPSなど

  5. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  6. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  7. PS4/XB1版『XCOM 2』が遂に国内配信開始!XCOM部隊は新たな機種へ

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. 『No Man's Sky』英広告規制局がSteamストアの調査を開始―誇大広告の疑い

  10. 世界最大の音楽ストリーミング「Spotify」が国内PS4/PS3などで解禁へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top