ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オープンワールドのゾンビサバイバルアクション『State of Decay』XBLA版が今年6月にリリース決定

PC Windows

Blizzard元スタッフのスタジオUndead Labsにて開発が進められていたオープンワールドゾンビサバイバル『State of Decay』のXBLA版が2013年6月にリリースされることが正式発表されました。公式ブログでは「6月、公式」とわずか2つの言葉で発売日が明らかにされており、その代わりかは不明ながら同作のゲームプレイ総集編といったていの最新のトレイラーも公開されています。


ベース基地の運営要素や様々なスキルを持ったプレイアブルキャラクターなどが登場するゾンビサバイバル『State of Decay』は、BlizzardやNCsoftなどで働いていたJeff Strain氏率いる米国のスタジオUndear Labsの第1弾タイトル。2009年にスタジオが設立されゾンビ作品の開発が明らかに、2011年にXBLA向けの『Class 3』として発表され、さらに昨年夏に『State of Decay』へと改名しPC/XBLA向けにリリースされることが発表されました。『State of Decay』の名が登場したのはここ最近ですが、意外にも約4年ものあいだ腰を据えて開発されてきたタイトルとなっています。

なおXBLA版『State of Decay』には日本語を含む複数の言語ローカライズに対応することが示唆されており、実現するかどうかや対応時期などはゲームの評判やグロテスクな表現に対するレーティングによって左右されると公式サイトのフォーラムなどで伝えられていました。まだ正式なアナウンスは無いものの、日本語XBLA版の製品ページが既に公式Xboxサイトに登場しています。
(ソース&イメージ: Undead Labs)

【関連記事】
サバイバルゾンビアクション『State of Decay』およそ20分弱の直撮りプレイ映像が公開
PC/XBLA新作サバイバルゾンビアクション『State of Decay』には日本語も収録予定
ゾンビを切り裂きラジオで仲間を招集、オープンワールドアクション『State of Decay』の最新映像が公開
お手製の爆竹でゾンビの群れをおびき寄せる『State of Decay』の最新プレイ映像
PAX Prime: 車での移動や戦闘シーンも!『State of Decay』デモ直撮りプレイ映像
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

    柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  2. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

    Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  3. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  4. 『War Thunder』最新アプデ1.63「砂漠のハンター」配信!20以上の車輌が追加

  5. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  6. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  7. タイマン剣術アクション新作『Nidhogg 2』発表!―前作よりもコミカルな雰囲気に

  8. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  9. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top