カプコン、2013年3月期の連結業績を下方修正 ― 未発表の新作を数本開発中止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、2013年3月期の連結業績を下方修正 ― 未発表の新作を数本開発中止

ニュース 最新ニュース

カプコンは、2013年3月期(2012年4月1日〜2013年3月31日)の連結業績の予想を下方修正したことを発表しました。

今回発表された内容によれば、2012年12月19日の時点での当期純利益予測であった65億円から29億円へ、55.4%の下方修正となりました。

大幅な下方修正を行った理由として同社はデジタルコンテンツ事業において、激変する市場環境に対応するために大規模な事業改善費用(連結で69億4900万円、個別で72億8700万円)を計上することになったためと報告しています。

一方でパチスロ機事業においては、旗艦タイトルである「バイオハザード5」の発売に伴い売上高が堅調に推移するとともに、為替差益の計上などもあり経常利益は前回発表予想を上回る見通しになったということです。

質疑応答では、いくつかのゲームタイトルについて開発中止が決定されたことが明らかになりましたが、既に発表されているタイトルではないとのことです。
(ソース: カプコン)

【関連記事】
『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜む新たな魔物を紹介 ― 公式コミュニティもリニューアル
CryEngine3を採用した『Monster Hunter Online』が中国向けに登場、F2Pで6月にベータが始動
カプコン公式“波動拳コンテスト”の優秀作品が発表、ボリビアからの力作も
『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島最深部「死街地」とその主「ダイモーン」の情報が公開
ファイタークラスを紹介する『Dungeons & Dragons: Chronicles of Mystara』最新トレイラーが披露
カプコン新作『LOST PLANET 3』の発売が約2ヶ月の延期【UPDATE】
カプコンUSAが格ゲー復刻路線のスローダウンを示唆、ここ最近のセールスは低迷気味に
『DmC』開発元のNinja Theoryが「新しい何か」をツイート予告
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  3. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  7. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  8. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  9. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  10. 『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top