ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度

ニュース 最新ニュース


ゲーマーにはお馴染み台湾のBenQから新製品『XL2720T』が発表されました。発売日は4月27日と目前、メーカー希望小売価格はオープン/店頭想定価格は59,800円前後。

スペックとしては、やや大ぶりな27型1920x1080のフルHD(大きさWxHxD: 642 x 548 x 273)・ネイティブコントラスト比1000:1・垂直リフレッシュレート120Hz対応・応答速度GtG1msとゲーミングモデルらしい構成。視野角は左右;上下が 170°/160°。入力端子はHDMI 1.4a x2 / ミニD-sub15 ピンx1 / DVI-D-DL x1 / DisplayPort x1、USB端子は4(Down streamx3 Up streamx1)と豊富な一方で、音声入力端子は無し。実際問題としてゲームを本気でプレイする層がモニタのスピーカーを使うことはあまり考えられないので、合理的な判断といえるでしょう。

すでに発売されているXL2420Tとの相違点としては、モニタサイズ以外に応答速度。2msから1msへと改善されています。あらためて解説するまでもなくこの1ミリ秒がゲーマーにとってはなによりも大事です。

ほかには、暗い場所の視認性を高める「Black eQualizer機能」・応答性を向上させる「インスタントモード」・BenQ恒例OSD(On-Screen Display)専用コントローラー「S.Switch」付属・ピポット機能など。

また、「FPS モード」なる機能も搭載されています。これは「世界的に有名な元プロゲーマーの開発協力を得て、明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いをFPS ゲーム の為に調整されたモード」とのことで、『Counter-Strike 1.6』 用に設定されたFPS1 モードと『Counter-Strike Source』 用に設定されたFPS2 モードの2 つのが用意されています。最新作『Counter-Strike: Global Offensive』モードがないのが少し気になりますが、ともあれとくにCSガチ勢にとっては選択肢の1つになりそうです。
(ソース: プレスリリース)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

    PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  2. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  3. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  4. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  5. PS4/Xbox One向け『Fallout 4』追加DLC第5弾「Vault-Tec Workshop」国内配信日決定!

  6. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  7. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  8. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  9. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  10. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top