ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度

ニュース 最新ニュース


ゲーマーにはお馴染み台湾のBenQから新製品『XL2720T』が発表されました。発売日は4月27日と目前、メーカー希望小売価格はオープン/店頭想定価格は59,800円前後。

スペックとしては、やや大ぶりな27型1920x1080のフルHD(大きさWxHxD: 642 x 548 x 273)・ネイティブコントラスト比1000:1・垂直リフレッシュレート120Hz対応・応答速度GtG1msとゲーミングモデルらしい構成。視野角は左右;上下が 170°/160°。入力端子はHDMI 1.4a x2 / ミニD-sub15 ピンx1 / DVI-D-DL x1 / DisplayPort x1、USB端子は4(Down streamx3 Up streamx1)と豊富な一方で、音声入力端子は無し。実際問題としてゲームを本気でプレイする層がモニタのスピーカーを使うことはあまり考えられないので、合理的な判断といえるでしょう。

すでに発売されているXL2420Tとの相違点としては、モニタサイズ以外に応答速度。2msから1msへと改善されています。あらためて解説するまでもなくこの1ミリ秒がゲーマーにとってはなによりも大事です。

ほかには、暗い場所の視認性を高める「Black eQualizer機能」・応答性を向上させる「インスタントモード」・BenQ恒例OSD(On-Screen Display)専用コントローラー「S.Switch」付属・ピポット機能など。

また、「FPS モード」なる機能も搭載されています。これは「世界的に有名な元プロゲーマーの開発協力を得て、明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いをFPS ゲーム の為に調整されたモード」とのことで、『Counter-Strike 1.6』 用に設定されたFPS1 モードと『Counter-Strike Source』 用に設定されたFPS2 モードの2 つのが用意されています。最新作『Counter-Strike: Global Offensive』モードがないのが少し気になりますが、ともあれとくにCSガチ勢にとっては選択肢の1つになりそうです。
(ソース: プレスリリース)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

    今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  2. Game*Sparkリサーチ『あなたが初めてプレイしたRPGは?』結果発表

    Game*Sparkリサーチ『あなたが初めてプレイしたRPGは?』結果発表

  3. 『ハースストーン』新アドベンチャー「ワン・ナイト・イン・カラザン」が国内向け発表!

    『ハースストーン』新アドベンチャー「ワン・ナイト・イン・カラザン」が国内向け発表!

  4. PS4『オーバーウォッチ』国内向けTVCMが7月29日より放送中!

  5. PS4『ラチェット&クランク THE GAME』最新映像が国内向けに公開―ラチェット、列車で激戦の巻

  6. FPS映画「Hardcore Henry」が「カナザワ映画祭2016」で日本最速上映!

  7. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  8. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  9. PSVR対応『ローラーコースタードリームズ』最新トレイラー!遊園地をあらゆる角度で体験可能

  10. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top