BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

BenQ27型ゲーミングディスプレイ『XL2720T』発表、4月27日発売で店頭想定価格は6万円程度

ニュース 最新ニュース


ゲーマーにはお馴染み台湾のBenQから新製品『XL2720T』が発表されました。発売日は4月27日と目前、メーカー希望小売価格はオープン/店頭想定価格は59,800円前後。

スペックとしては、やや大ぶりな27型1920x1080のフルHD(大きさWxHxD: 642 x 548 x 273)・ネイティブコントラスト比1000:1・垂直リフレッシュレート120Hz対応・応答速度GtG1msとゲーミングモデルらしい構成。視野角は左右;上下が 170°/160°。入力端子はHDMI 1.4a x2 / ミニD-sub15 ピンx1 / DVI-D-DL x1 / DisplayPort x1、USB端子は4(Down streamx3 Up streamx1)と豊富な一方で、音声入力端子は無し。実際問題としてゲームを本気でプレイする層がモニタのスピーカーを使うことはあまり考えられないので、合理的な判断といえるでしょう。

すでに発売されているXL2420Tとの相違点としては、モニタサイズ以外に応答速度。2msから1msへと改善されています。あらためて解説するまでもなくこの1ミリ秒がゲーマーにとってはなによりも大事です。

ほかには、暗い場所の視認性を高める「Black eQualizer機能」・応答性を向上させる「インスタントモード」・BenQ恒例OSD(On-Screen Display)専用コントローラー「S.Switch」付属・ピポット機能など。

また、「FPS モード」なる機能も搭載されています。これは「世界的に有名な元プロゲーマーの開発協力を得て、明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いをFPS ゲーム の為に調整されたモード」とのことで、『Counter-Strike 1.6』 用に設定されたFPS1 モードと『Counter-Strike Source』 用に設定されたFPS2 モードの2 つのが用意されています。最新作『Counter-Strike: Global Offensive』モードがないのが少し気になりますが、ともあれとくにCSガチ勢にとっては選択肢の1つになりそうです。
(ソース: プレスリリース)
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: 『シャドウ・オブ・モルドール』続編が海外ストアに一時浮上、拡張収録の特別版も

    噂: 『シャドウ・オブ・モルドール』続編が海外ストアに一時浮上、拡張収録の特別版も

  2. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

    『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  3. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

    『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

  4. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  5. ベラルーシ男児は「ガチャお断り」― ウォーゲーミングCEO Victor Kislyi氏インタビュー

  6. GOTYは『オーバーウォッチ』に! 第20回「D.I.C.E. Award」受賞作品リスト

  7. 『シャドウ・オブ・モルドール』のGame Of The Year版が5月5日に海外で発売

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  10. 噂: 米スタントウーマン経歴から『Shadows of Mordor 2』のタイトル発覚

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top