ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PhysXによる流体のリアルタイムデモ、「水」表現新境地

ニュース 最新ニュース


ゲームが総合芸術である以上、映像にかんする進歩を歓迎しない理由はありません。今回公開されたのはNVIDIAのPhysXによる流体シミュレーション。プリレンダではなく、シングルGTX580(つまりSLIでない)で動作しているリアルタイムムービーです。あれこれ説明する前にまずは動画をごらんください。

本動画は、NVIDIAのMiles Macklin 氏と Matthias Muller氏が"Position Based Fluids"という論文の原理と概略をデモンストレーションするために最近用意したもの。同氏らによると、「非圧縮性の」液体をレンダリングする際のシステム負荷を低減し、よりリアルな粘性を表現する手がかりになるそうです。情報元PDFに、門外漢ではいささか理解が困難な数式など詳細な情報が記載されていますので、理数系能力に自身のある方はご一読ください。

ゲームで流体といえば、「入ればキャラクターの動きが鈍くなる、泳ぐ」「長時間滞在しているとHPやO2を消耗する」「慣習としてあるべき場所にある(海など)」というように、記号化されているがゆえにプレイヤー側が水と認識できるようなものがほとんどでした。事実、最近の作品ですらまるで水銀かなにかのような質感の液体描写ばかりです。

しかし、当該デモでは水飛沫や波、水面のうねりまでが実現されており、まさしく水、少なくとも液体そのものです。だからなんだ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、単なる映像としてではなく、ゲームの一要素として織り込まれるポテンシャルもあります。とうとう水圧の概念がゲームの中で再現される時代が到来するのかもしれません。
※誤字を修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。




(ソース: Position Based Fluids [PDF] via Joystiq)【関連記事】より派手なエフェクトに!『Hawken』“PhysXト”レイラー
海外で特定のNvidiaグラボ購入者に『Borderlands 2』が無料配布、PhysXプロモ映像も登場
『Mafia II』直撮りゲームプレイ映像&PhysXデモンストレーション映像
超能力で戦う対戦FPS『CellFactor: Psychokinetic Wars』XBLAとPSN用に発表
PC版『Mirror's Edge』NVIDIA PhysX比較映像。最小動作環境も明らかに
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

    F2PタクティカルTPS『Tom Clancy's Ghost Recon Phantoms』12月サービス終了へ

  2. 『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

    『ライフ イズ ストレンジ』開発元の新作『Vampyr』15分のプレアルファ版プレイ映像

  3. 【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

    【GC 2016】名匠ケン・レヴィンが贈る珠玉の三部作、『バイオショック コレクション』体験レポート

  4. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  5. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  6. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  9. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  10. PC版『Mortal Kombat XL』オンラインβ開始、Steamリリースが濃厚に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top