ハードコアゲーマーのためのWebメディア

シューター版『XCOM』再始動!『The Bureau: XCOM Declassified』が正式発表

PC Windows


先日の予告通り、長らく身を潜めていたシューター版『XCOM』の再始動となる『The Bureau: XCOM Declassified』が正式に発表されました。当初はファーストパーソンシューターとして発表された本作ですが、カバーベースのサードパーソンシューターへと変更されたようです(タクティカル要素は健在との事)。公式サイトもオープンし、実写トレイラーやスクリーンショットが公開されています。


本作は冷戦が頂点に達した1962年が舞台となっており、極秘組織XCOMの起源、そしてミステリアスな侵略者との初遭遇が描かれるそうです。プレイヤーは特別捜査官のWilliam Carterとして、カスタマイズ可能な仲間とともに敵に立ち向かいます。ちなみに過去の『XCOM』シリーズと同様、死亡した仲間は永遠に復活しないとの事です。


マルチプレイヤーは搭載されず、物語に焦点を当てたシングルプレイヤーゲームとなる『The Bureau: XCOM Declassified』はPC/Xbox 360/PS3を対象に2013年8月20日発売予定。なお、予約購入特典としてサイドミッション“Codebreakers”が用意されています。
(ソース&イメージ: Joystiq, IGN, Polygon, Shacknews)


【関連記事】
2K Gamesがシューター版『XCOM』の新情報発表を正式に予告
解禁は4月26日か、シューター版『XCOM』と見られる新たなティーザー映像が登場
2K Gamesがシューター版『XCOM』をついに再始動か、海外で謎の小包と意味深な映像が登場
噂: FPS版『XCOM』は『XCOM』ブランドではない別タイトルに変更
シューター版『XCOM』は現在も開発中、2014年3月31日までの発売を引き続き目標へ
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

    PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

  2. PC版『Battlefield 1』オープンβなど最適化のGeForce新ドライバ372.70 WHQL配信

    PC版『Battlefield 1』オープンβなど最適化のGeForce新ドライバ372.70 WHQL配信

  3. 『In Case of Emergency, Release Raptor』早期アクセス開始5日でフリーゲーム化

    『In Case of Emergency, Release Raptor』早期アクセス開始5日でフリーゲーム化

  4. 『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

  5. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  6. 人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

  7. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

  8. 伝説的RPG続編『System Shock 3』のウォーレン・スペクターが語る展望

  9. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  10. 『YIIK』体験版が9月配信―『ペルソナ4』『マザー』などの要素色濃いインディーRPG

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top