“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Aliens: Colonial Marines』や『Section 8』のTimeGateにて全社員がレイオフ―海外報道

May 10, 2013(Fri) 09:55 / by ishigenn

先日から連邦破産法第11章(チャプター11)を申請したことが報じられるなどスタジオの行く末に注目が集まっていたTimeGate Studiosですが、海外サイトKotakuが2つの情報源から得た情報として、同スタジオにてレイオフが行われたことを新たに報じました。2つの情報源の内1つによれば、レイオフの対象は全社員に及んだとのこと。

セガとGearboxに対する集団訴訟にて話題となっている『Aliens: Colonial Marines』の開発に参加したTimeGateですが、今回の経営悪化は『Section 8』のパブリッシャーSouthpeak Interactiveとの裁判にて敗訴したことがきっかけと見られ、今年4月に735万ドルの支払いが課せられ『Section 8』における全権利を失うなど、経営面で深刻なダメージを受けていたことが海外メディアの報道にて明らかにされていました。

TimeGate StudiosではTwitterやFacebookのオフィシャルページ、公式サイトなど含め、F2Pの新作シューター『Minimum』を発表した4月頃から反応が無く、正式な情報が待たれるところとなっています。
(ソース: Kotaku)

【関連記事】
『Section 8』の開発で知られるTimeGate Studiosが破産法チャプター11を申請―海外報道
TimeGateが裁判にて735万ドルの支払いに加え『Section 8』IP権を失う事態に直面―海外報道
TimeGate StudiosがF2P新作アクションシューター『MINIMUM』を発表
『Aliens: Colonial Marines』の開発にも参加したTimeGate Studiosがレイオフを敢行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image